賭ケグルイ 1〜7巻読んでみた あらすじ 感想

賭ケグルイ あらすじ

私立百花王学園ではギャンブルの強弱による階級制度が存在します。

一般生徒は強力な権限を持つ生徒会へ上納金を支払わなければならず、上納金の額はランキング形式で発表されます。

上納金の額が全校生徒3万人の下位100人になると家畜と認定され、男なら「ポチ」、女なら「ミケ」という名前で全校生徒から下僕の様な扱いを受けます。

鈴井涼太はある日、早乙女芽亜里とのギャンブルに負けポチとなってしまいます。

その日以来、周りの生徒からパシリ、カツアゲをされる日々を送る鈴井。

そん中、鈴井のクラスに1人の女が転校してきます。

女の名前は蛇喰夢子。

容姿端麗で清楚感を纏う彼女。

夢子への学校案内役を任された鈴井は、夢子にギャンブルが流行しているこの学校の伝統を説明します。

すると夢子は不敵な笑みを浮かべ、「それはそれは、とっても楽しみですね♡」と言います。

教室に戻ると、クラスの男子から注目の的の夢子。

そこに芽亜里が乱入し、ギャンブルを持ちかけます。

すると夢子は迷わず勝負に合意します。

ゲームは「投票ジャンケン」
ルールはクラス全員30人にグー、チョキ、パーのどれかをカードに記入してもらい、そのカードを2人に見えない様に投票箱に入れます。
2人は投票箱から3枚カードを引き、そのカードで勝負します。
あいこなら残り2枚から選び再びジャンケン。
3回ともあいこなら引き分けのドロー。
そして、またカードの投票やからやり直すというルール。

1枚1万円のチップを120枚ずつ場に用意した夢子と芽亜里。

1回目の勝負はチップ2枚賭けで夢子が勝利。

すると2回目の勝負で夢子は50枚賭けを宣言します。

結果はあいこの末、芽亜里が勝利します。

50枚のチップを奪われた夢子ですが、4回目の勝負でまたも50枚賭けで挑みます。

しかし、またしても夢子グー、芽亜里パーで夢子は大量のチップを奪われてしまいます。

結局そのまま勝負を続けた夢子はチップを全て失ってしまいます。

すると夢子がチップの追加を芽亜里に提案します。

金を根こそぎ絞り取る気満々の芽亜里はもちろん承諾します。

しかしそこで夢子は「1000枚で」と宣言します!!

その額に驚愕した芽亜里。

そして即金でなければそんな額は信用出来ないと言おうとした瞬間、夢子は自分の鞄から1000万円の札束を出してきます。

「一発のジャンケンで1000万円とか狂ってる」と言う芽亜里ですが、「ギャンブルは狂ってるほど面白い、さぁ賭けくるいましょう」と快楽に満ちた笑みで夢子は反論します。

その後の夢子の挑発もあり、ギャンブルを続行することを合意する芽亜里。

一瞬動揺を見せた芽亜里は、すぐに余裕を取り戻します。

なぜなら、このゲームは投票者30人の内21人が芽亜里が有利になるよう投票を仕込んでいるからです。

今回芽亜里は21人の自分の奴隷にグー×11枚、パー×10枚になるよう投票させており、必然的にパーとグーがガードの枚数のほとんどを占めるよう仕組んでいました。

パーを出せばまず負けることはない状況で、芽亜里の手札にはパーが2枚。

芽亜里が勝利を確信した瞬間、夢子が「気づかないとお思いですか?」と言い出します。

夢子はクラスのほとんどが芽亜里に強力していることに気づいており、その上で「面白いのはここからですもの♡」と勝負を挑みます。

イカサマを見破られ一瞬動揺する芽亜里ですが、手持ちのパーのカードで勝負を畳みかけようとします。

お互いがカードを出し合い、その結果は、、、

チョキのカードを出した夢子が勝ちました。

ゲームに負け呆然とする芽亜里。

勝った夢子は勝ち分880万を芽亜里に請求します。

しかしそんな大金を持ち合わせているハズもない芽亜里ハズ「い、今はありません。数日待って頂けないでしょうか。」と頭を下げその場は収まります。

場を立ち去った夢子を追いかける鈴井。

鈴井は最後どうしてチョキを出したかを尋ねます。

すると夢子は自分の後ろにいた生徒がクラス全員にどのカードを投票させるかの合図を送っていた!持っていた手鏡で後ろの生徒の挙動から投票操作されるガードを推測し、チョキを出したと説明する夢子。

そしてその夢子の後ろにいた生徒とは鈴井のこと!!

全てを見破られた鈴井は正直に夢子に謝ります。

しかし夢子は、これほど刺激的なゲームが出来たのは鈴井のおかげと、むしろ感謝の意を述べました。

その瞬間鈴井を夢子のことを、「彼女はまともじゃない・・・ギャンブル狂、『賭けぐるい』だ」と悟るのでした。

⇨賭ケグルイを今すぐ読む

スポンサードリンク




主要キャラ

蛇喰夢子

百花王学園に転校してきた2年生。
転校早々、芽亜里を倒したのを皮切りに、次々と学校の猛者どもをギャブルで蹴散らす。
そのことで生徒会からも目をつけられている。
勝ち負けは二の次で、ギャンブルで味わう刺激を求めている。

早乙女芽亜里

百花王学園の生徒で夢子のクラスメイト。
夢子に負けてミケとなってしまうが、債務整理大集会で無事に借金と家畜の地位を返上する。
桃喰綺羅莉から生徒会に勧誘されるが、自分を家畜に見た生徒会を一泡吹かせる為、生徒会入りを断る。

鈴井涼太

百花王学園の生徒で夢子のクラスメイト。
芽亜里にギャンブルで負け、ポチとなってしまうが夢子から現金500万を受け取り借金を返済し、家畜から脱する。
百花王学園で数少ないまともな思考の持ち主ではあるが、ギャンブルの才能は凡人並み。
無茶なゲームばかりする夢子の身をいつも案じている。

桃喰綺羅莉

百花王学園生徒会会長。
彼女が生徒会長就任以降、階級制度、家畜、上納金などの制度が厳格化した。
夢子と百合子の対戦の際、「穴熊」を仕掛けゲームに乱入し、夢子に借金を背負わせる。

感想

ギャンブル系と言えばギャンブル系の漫画ですが、夢子が時折超人ばりの記憶力やスキルを発揮するあたりはリアルじゃないなってゆう感じが否めません。
やっぱりギャンブル系でいう他の漫画と比べてしまい、結局うーんって感じになります。
ただゲームの内容はシンプルな物が多いんで「嘘喰い」や「ライアーゲーム」で頭がパニクってる方は丁度良いかもしれません。
あと団体戦や大勢参加型のゲームがあっても良さそうですが、今の所個人戦か多くても4人とかのゲームばっかです。
7巻以降投票編に入ってからは新しいキャラがぞろぞろと出てきて、若干興醒めしてます。
知的なギャンブル系の漫画ってゆうつもりで読まなければそれなりに面白いかもしれないですね。
てか個人的にはアニメで見た方が面白いかもしれません(笑)

賭ケグルイの通信簿

絵柄     ⭐⭐⭐⭐☆

演出     ⭐⭐☆☆☆

ストーリー  ⭐⭐⭐☆☆

キャラクター ⭐⭐⭐☆☆

世界観    ⭐⭐⭐☆☆

セリフ    ⭐⭐☆☆☆

⇨賭ケグルイを今すぐ読む

スポンサードリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク