国民死刑投票 読んでみた あらすじ 感想

漫画アプリ「ピッコマ」で毎週月曜日に連載されている「国民死刑投票」。

ある日、突如として国民のスマホに現れ罪人を次々と裁く犬仮面とそれを阻止するため動く警察官との壮絶な戦いを描いたサスペンス漫画です。今回はそんな本作の魅力をあらすじと主要キャラを交えてご紹介します。

※あらすじの続きが気になる方はあらすじ紹介の下にネタバレリンクがございますのでそちらからお進み下さい。

スポンサードリンク




国民死刑投票 あらすじ

ある日、全国民のスマートフォンに『国民死刑投票』という題名の1通のメールが送られる。

『ホットドッグ殺人事件の犯人四方田哲男の死刑に賛成しますか?』

四方田哲男という男は交際中だった女性をホットドッグで喉を詰まらせ窒息死したように見せかけたとして殺人容疑で起訴されていた人物である。

しかしその四方田に先日の裁判で無罪判決が言い渡されたのだ。

1時間後またも全国民のスマートフォンに投票結果が発表される。

『国民の意思により四方田哲男の死刑を執行します』

このメールをみた刑事の天笠は「くだらん」と吐き捨てる。

しかしその直後、見廻りの巡査から天笠宛に「四方田哲男が死にました」という知らせを受ける。

四方田はホテルの一室で何者かの手によって窒息死で殺されていたのだ。

れっきとした殺人事件として操作を始める天笠をはじめとした特別捜査班。

すると翌日また1通の動画メッセージが送られてくる。

「これから毎週月曜日、死に値する悪を対象に国民死刑投票を行います」

次なる犯行が行われる前に天笠は犯人を捕まえることができるのか・・・

⇨続きが気になる方はこちら

スポンサードリンク




主要キャラ

天笠

犬仮面特別対策チームのリーダー。
実績を買われ、若くして係長に就任してている。
曲がった行為を嫌い、どんな事件に対しても真っ直ぐに取り組む。
それが理由で周りの人間からは疎まれている。
口数は少ないが、同じチームの三好の感情的な発言には度々注意をする。

大森

犬仮面特別対策チームの一員。
天笠の10年近い先輩だが、今は主任として天笠の下で働いている。
天笠の事件に取り組む姿勢に好感を持っている。

三好

犬仮面特別対策チームの一員。
新人ならではの勢いを持っている。
度々感情的な発言や行動をしてしまう為、天笠に注意を受ける。
天笠を良き上司として尊敬している。

天笠翠

兄に負けず劣らずの正義感を持つ女子高生。
国民死刑投票の間違った殺人を全面否定し、その為クラスメイトと言い争いになることもある。
萩野の不審な行動に疑いを持つ。
将来は記者を目指している。

司馬恭也

天笠のクラスメイト。
成績優秀で親も大企業の社長。
国民死刑投票へは賛成派の意見を持つ。
毒蛇を買うなど悪趣味な一面を持つ。

萩野聖人

天笠のクラスメイト。
地味で存在感が薄いが、国民死刑投票を機に司馬や天笠と仲良くなる。

感想

面白いだけでなく、社会の在り方も考えさせられる良作漫画だと思います。
構成も良くほぼ満点に近いくらい面白かったのではないでしょうか!!
天笠兄目線と妹目線の両方で物語が進んでいき、どう話が繋がっていくかが気になるところでしたが、司馬が死んだことでようやく一致してきました。
33話まで読み話も大詰めなので、ラストどうなっていくか期待大です!!
映画化なんかしてくれたら絶対面白いと思います!!

国民死刑投票の通信簿

絵柄     ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

演出     ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

ストーリー  ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

キャラクター ⭐️⭐️⭐️☆☆

世界観    ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

セリフ    ⭐️⭐️⭐️☆☆

スポンサードリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク