復讐の毒鼓 REWIND 読んでみた あらすじ 感想

漫画アプリ「ピッコマ」で毎週日曜日に連載されている「復讐の毒鼓 REWIND」。
最強の不良『毒鼓』として名を轟かせる神山勇。今作はそんな勇が最強とまで謳われた過去とその仲間の雷堂仁、風見愛との出会いを描いた作品となってます。今回はそんな本作の魅力をあらすじと主要キャラを交えてご紹介します。

※ネタバレも時間改めて更新予定です。

⇨続き(8話)のネタバレはこちら

⇨9話のネタバレはこちら

⇨10話のネタバレはこちら

⇨11話のネタバレはこちら

⇨12話のネタバレはこちら

⇨13話のネタバレはこちら

⇨14話のネタバレはこちら

⇨15話のネタバレはこちら

⇨16話のネタバレはこちら

⇨17話のネタバレはこちら

⇨18話のネタバレはこちら

スポンサードリンク




⇨復讐の毒鼓のあらすじ感想はこちら

主要キャラ

神山勇

後に毒鼓と呼ばれる伝説の不良。
中学時代、高校生30人を一蹴したことで退学する。
不良であることから、母親からは弟の秀と比べられている。

風見愛

紀星高校に通う1年生。
尋常ではない瞬発力と身のこなしを持ち、その実力は勇にも引けを取らない。
ただ争いを面倒くさがる性分から高校ではその実力を隠しながら過ごしている。
後に勇の仲間として活動することになる。

雷堂仁

レスリング高校チャンピオン。
REWIND編13話の時点ではまだ登場していない。
後に勇の仲間として活動することになる。

久我山大樹

勇とつるんでいる他地域の不良。
ノリが良く面倒見が良い。

関直人

上級生からイジメを受ける高校生。
妹が上級生にナンパされたことがキッカケでトバッチリを受ける形でイジメを受けている。
妹を守る為、勇たちに助けを求める。

関葵

瀬口幸恵から暴力を受け鬱を発症する。
現在入院中。

吉田美枝子

何宗工業高校に通う女子高生。
直人や葵とは従兄弟の関係にあたり、葵がやられたことで瀬口幸恵に復讐をする。

瀬口幸恵

樋口女子に通う女子高生。
彼氏の十文字が同じ絵画教室に通う関葵にナンパした事に腹を立て、葵に壮絶な暴力を受ける。

スポンサードリンク




あらすじ

神山勇という男

中学3年の時、神山勇は高校生30人を一蹴した。

それが理由で高校への進学は叶わず、いつも街に出ては何もない毎日を過ごしていた。

家では双子の秀から高校に通うつもりがないか聞かれるも「高校浪人は痛いだろ」と勇は聞く耳を持たない。

その日も勇は夜中にバイクで街に繰り出したのだった。

イジメ現場に遭遇する勇と大樹

そんな勇といつも一緒にいる仲間が久我山大樹。

いつもの溜まり場でタバコを吸っている2人。

すると2人はその溜まり場で高校生のイジメ現場に遭遇する。

目があった大樹は「オレ達のことは気にせず続けな」と言うも、高校生達は「どけや」「大人しくちれや」とケンカ腰で向かってくる。

意見が対立し大樹は立ち上がるも、勇は「オレ達が手助けしてもイジメが悪化するだけだ」と自分達が立ち去るよう宥める。

しかしその勇の発言が相手を逆なでしてしまったようで、高校生達は「まるでオレ達が勝とうと思えばいつでも勝てるみたいな口ぶりだな」と突っかかってきたのだ。

大樹VS三石

襲いかかってくる高校生達を1人1人なぎ倒す大樹。

あっという間に、残るは三石という男1人のみとなった。

だが三石は手に隠し持っていた砂をばら撒き、大樹に奇襲をかけてきた。

三石も実力をそれなりに兼ね備えいることから2人の戦いは拮抗する。

そんな中、イジメられていた関直人が戦いを止めに入る。

傍観していた勇も『確かにコイツの学校生活がかかっている』と考え、勇と大樹はその場を後にすることにした。

去っていく2人に三石は「ここは俺らの縄張りなんだよ。今度見かけたらただじゃおかねーからな」と捨て台詞を吐き捨てたのだった。

紀星高校のヤンキーサークル

紀星高校では新入生が集められ、序列決めを行うトーナメントが行われていた。

そんな序列決めに新入生はそれぞれ様々な思い持ち挑んでいた。

同じ中学だった風見愛と浜田ジョーは互いに高校に入ったら喧嘩はしないと決めていたのだが、舐められるのが嫌いなジョーは「1年生だけは抑えておきたい」と考えていた。

一方の愛は喧嘩するのも面倒に感じており、トーナメントに参加するものの負けたフリをしてやり過ごそうと考えていた。

初戦の愛の相手は力丸準之助という大柄な男。

愛は予定通りある程度戦ったフリをして力丸に負け、その後戦ったジョーは1年トップの座を獲得したのだった。

妹を助けたい直人

勇と大樹は三石と戦った後、直人の奢りでファミレスでご飯を食べていた。

これからご飯を奢る代わり、直人は2人にあるお願いをした。

「僕に喧嘩を教えてほしいんだ。」

そう言った直人に勇は「喧嘩なんか強くなってどうするつもりだ?」と尋ねる。

「ヤンキー共を潰す為に強くなりたいのならやめておけ」と忠告する勇だったが、直人の口から出たのは意外な言葉だった。

「僕の妹を・・守ってあげたくて」

泣きそうな声で気持ちを伝える直人。

詳細を聞くと直人の妹(葵)はある集団から暴力を受け入院していたのであった。

キッカケは直人が通う高校の先輩の十文字康毅であった。

十文字の彼女である瀬口幸恵は葵と同じ絵画教室に通っており、ある日幸恵を絵画教室まで迎えに行った十文字はそこに偶然居合わせた葵の容姿に興味をもった。

しかしそのことが幸恵の耳に入ってしまう。

幸恵は仲間を集め葵に中性洗剤を飲ませるなど卑劣な暴力を働いたのだ。

そのせいで幸恵は怪我だけでなく鬱も患ってしまい、今でもその時の映像が夢に出てくるというのだ。

また、不幸にも直人が通う高校の3年に幸恵の従兄の瀬口洋介がいるのだ。

洋介は十文字に叱責したのち、直人を潰すよう指示をする。

こういった経緯で直人は上級生のヤンキー達から目をつけられるようになったのだ。

一通り直人の話を聞いた勇は喧嘩の基本を教えることを承諾し、大樹も直人を舎弟として認める。

病院へ駆けつける直人

ファミレスを出た3人の前に勇と大樹の不良仲間のヤスが現れる。

大樹と勇にバイト話などたわいも無いことを話すヤス。

すると直人の携帯に葵から着信が入る。

「怖いの・・早く来て・・」

葵から震えそうな声で助けを求められた直人はすぐに葵が入院している病院に走っていく。

去り際に直人は「ごめん、今すぐ病院に行かなくちゃ」と大樹に晩のご飯代として札だけ渡していった。

すぐに勇は大樹からその金を取り上げ、「今すぐ返しに行く」と後を追いかけた。

待ち伏せしていた三石

直人が病院の近くに到着すると、なんとそこには三石達が待ち伏せしていたのだ。

「オレがオメーのせいで十文字にヤラれたって考えると怒りが収まらねぇ!」と直人に怒りをブチまける。

大樹と戦った後、十文字に事の顛末を報告した三石は「勉強できねぇ奴は不良も務まんねーなぁ!お前にゃ任せらんねーよ!」と叱責を浴びていたのだ。

その事に腹を立てている三石は直人に殴る蹴るなど怒りを発散する。

すると直人は「お願いだから、葵は鬱病なんだ。自殺しちゃうかもしれないから!!」と助けを乞う。

その言葉に反応した三石は殴っていた手を止める。

そして少し考え込んだ三石はなんと「金でも巻き上げてる方がマシだわ!こんなんやってらんねーよ!」と直人を逃すことにしたのだ。

三石VS江崎

しかしこの三石の判断に仲間の江崎が「何言ってんだ。十文字さんに言うぞ」と反論する。

すると三石も「やってらんねーんだよ。十文字の言いなりは・・オレが潰す!」と2人の意見は真っ向から衝突する。

イラついた江崎は胸ポケットから刃物を取り出した。

助けにきた勇

2人が言い争っているうちに逃げようとする直人だったが、それを見ていた手下達に「おめぇが行くのは違えだろ」と行く手を阻まれてしまう。

直人を十文字のところへ連れて行こうとする手下達。

するとそこにお金を返しにきた勇が現れる。

手下達は「あ?なんだテメー、失せろ」と忠告してくるも勇は軽く無視する。

イラついた手下の1人が勇に襲いかかるも、勇は見えないスピードで手下の顔面にジャブを入れる。

続いて他の手下達も勇に襲いかかるも、全員勇の前に全く太刀打ち出来ず倒れこんでいった。

一瞬にして全員をなぎ倒した勇は直人にお金を差し出す。

「どうして・・」と尋ねる直人に勇は「タダ金はないんだよ」と答えた。

すると江崎との戦いに勝利した三石が顔を覗かせる。

三石は直人を見ると「なんだテメー、まだ行ってなかったのか」と早く病院に行くよう促したのだ。

直人を逃した三石に勇は「意外だな・・と思って」と少し驚いたのだった。

勇と葵

病院に駆けつけた直人。

すると葵は「お兄ちゃん・・私最近変な夢見るの」と泣きながら塞ぎごんでいた。

直人はそっと葵の背中を叩き「大丈夫、全部ただの夢だから」と落ち着かせた。

反旗を翻す江崎

喧嘩に負け気を失っていた江崎は目を覚ました。

起き上がるとそこには三石がいた。

すると三石は江崎に十文字への反逆を持ちかけたのだった。

⇨続き(8話)のネタバレはこちら

⇨9話のネタバレはこちら

⇨10話のネタバレはこちら

⇨11話のネタバレはこちら

⇨12話のネタバレはこちら

⇨13話のネタバレはこちら

⇨14話のネタバレはこちら

⇨15話のネタバレはこちら

⇨16話のネタバレはこちら

⇨17話のネタバレはこちら

⇨18話のネタバレはこちら

感想

全体的な感想

基本的に復讐の毒鼓と同じく構成がしっかりしていて面白いです。
ただなかなかキャラの識別がしにくい点も同じです。←ちょくちょく読み戻さないと誰が誰だか混乱しちゃいます。
話のメインが雷堂と愛との出会いなので、雷堂と愛が好きな方にはこっちの方がオススメかもですね。
あと勇が最強と言われる由縁もこれを読めばハッキリするかもしれないんで、勇の無双っぷりにも期待です。
※一応復讐の毒鼓の記事も載せときます

この作品の特徴

原作と同じく勇の無双っぷりがこの作品の特徴です。
ただあくまでフォーカスが勇と雷堂と愛との出会いなので喧嘩シーンは原作よりも少なめかもしれませんね。

こんな方にオススメ

・主人公最強な漫画が好きな方
・調子乗っている雑魚キャラがひれ伏していくのシーンが好きな方
・ヤンキー漫画が好きな方
・格闘シーンがざっくりと描かれている漫画が好きな方

復讐の毒鼓REWINDの通信簿

絵柄     ⭐⭐⭐⭐☆

演出     ⭐⭐⭐⭐☆

ストーリー  ⭐⭐⭐⭐⭐

キャラクター ⭐⭐⭐⭐☆

世界観    ⭐⭐⭐⭐☆

セリフ    ⭐⭐⭐☆☆

スポンサードリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク