美しい犬 読んでみた あらすじ 感想

スポンサードリンク




主要キャラ

森澤フミオ

本作の主人公。
見た目は冴えない普通の高校生。
童貞な上に兄が滑り止めで受けた高校に通うなど自分に色々コンプレックスを抱えている。

宮下ヒナコ

フミオと同じ高校のクラスメイト。
かなりの巨乳で周りの女子から妬まれている。

カオリ

イサオの彼女。
今はイサオとフミオと3人で暮らしている。
フミオからはあざとい性格を嫌われている。
ある日お風呂で放尿している姿をフミオに見られてしまう。

森澤イサオ

フミオの兄。
高学歴のイケメン。
フミオのコンプレックスの原因。

安藤裕太

フミオと同じ高校に通う同級生。
数日前から行方不明となっている。

あらすじ

森澤フミオの日常

高校で友人と戯れる森澤フミオ。

そんなフミオのクラスに1人のマドンナがいた。

彼女の名は宮下ヒナコ。

顔が可愛いだけでなくかなりの巨乳の宮下はクラスの男子からもいやらしい目で見られていた。

さらにヒナコにはその胸の大きさからオッパイが4つあるという噂を男子の中で立てられていた。

行方不明の生徒

すると教室に担任が入ってきて「この中でC組のあんどうと仲良い奴はいるか?」と尋ねてきた。

どうやら安藤という生徒は2日前から自宅に帰ってきていないようだった。

兄の彼女のカオリ

自宅に帰るフミオ。

すると兄の彼女のカオリが出迎えてくれた。

カオリは兄のイサオと同棲するために森澤家に住み着いていた。

フミオは人の家に住み着いて早々に自分のスリッパを盛り込んできたり、保護者ヅラしてくるカオルに鬱陶しさを感じていた。

さらに自分よりも頭と顔が良い兄のイサオにもかなりのコンプレックスを抱えていた。

家にいるのが嫌になったフミオはジョギングしに外へ出てストレスを発散しに行ったのだった。

放尿するカオリ

家に帰って汗を流そうとするフミオ。

風呂のドアを開けると・・・

そこにはなんと風呂場で放尿しているカオリの姿があったのだ。

その光景を見て動揺したフミオは慌てて家から逃げ出した。

フミオとヒナコ

『ションベンしてた!?え?え?どーゆうこと?女子ってそーいうもんなのか?』と頭が混乱するフミオ。

するとそこに宮下ヒナコが声をかけてきた。

宮下は探偵ごっこの一環として行方不明になっていた安藤を探していたようだ。

一方のフミオもテンパっていた理由を説明する。

詳しく事情を説明すると、ヒナコも興味津々な様子をみせる。

するとその話から派生してフミオはヒナコに「そーいや宮下、オッパイ4つあるとか訳わかんないウワサ聞いたんだけど」と話しだした。

それに対しヒナコは「ただの副乳だよ。」と副乳について説明する。

さらにヒナコは「見る?」とフミオに尋ねたのだった。

どうやら放尿を見た後のフミオであれば見せても良いと思ったらしい。

ヒナコはフミオの手を掴み自分の胸に押し当てる。

フミオも初めての経験で胸の鼓動が高まる。

そしてフミオはヒナコの副乳に触れたのだった。

ヒナコはその後恥ずかしそうに「じゃあ森澤くんまた学校でね!」と走り去ってしまった。

1匹の美しい犬との出会い

公園に取り残されたフミオ。

するとフミオの前に1匹の美しくそびえ立つ犬が現れた。

犬は横目でフミオを見てくる。

その美しさに見惚れてしまい、つい意識が遠のいてしまった間にその犬は消えてしまった。

家の自室に戻ってさっきの出来事を思い返すフミオ。

そのフミオの股間は膨れ上がっていた。

カオリの放尿とヒナコの副乳・・・童貞のフミオには刺激が強すぎたようだ。

しかしフミオがオ◯ニーの最後に思い返したのは、さっき公園で見た美しい犬であった。

その犬との出会いがフミオを大きく狂わせることになるのであった。

スポンサードリンク




感想

結末があんまり意味が分からなかったのですが、色々とフミオが不憫になってしまうラストでした。
自分はカオリ=犬orヒナコ=犬で考察してみましたが、イマイチ辻褄が合わない感じでした。
ヒナコに関しては犬が殺した安藤の遺体の場所が知らなかったようですし、カオリも38歳で結婚していたことを考えると現実的じゃないのかなと・・・
おそらくあの犬はヒナコに近づく人間を殺しのターゲットにしていると考えるのが1番納得いく訳なのですが、それはそれで理由が見当たりません。
ただ最後にイサオが「牝犬には気をつけろよ」とフミオに忠告したことから、結局ヒナコ、カオリ、犬の3人(匹)のビッチにフミオが振りまわされただけの結末ということなのかな??っと勝手に納得しました。
とりあえずモヤモヤしか残りませんでした。

美しい犬の通信簿

絵柄     ⭐⭐☆☆☆

演出     ⭐⭐⭐☆☆

ストーリー  ⭐⭐⭐☆☆

キャラクター ⭐⭐☆☆☆

世界観    ⭐⭐⭐☆☆

セリフ    ⭐⭐⭐☆☆

スポンサードリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク