ヤバい女に恋した僕の結末 4話 ネタバレ

スポンサードリンク




⇨3話のネタバレはこちら

⇨5話のネタバレはこちら

⇨6話のネタバレはこちら

登場キャラ

森岡マモル

ホラー作家。
30歳を迎えるがまだ童貞である。
叶奏と自宅で誕生日会を行ったのだが・・・

橘叶奏

マモルの彼女。
正統派の清純女子。
だが急に夫を名乗る男が目の前に現れ・・

美波

マモルの幼馴染。
幼い時に親を亡くしたが、その時実の兄のように優しくしてくれたマモルに密かに恋心を抱く。

叶奏の夫

自ら叶奏と名乗るメガネの男。
メンヘラのように叫び散らす。

鷹野快人

叶奏の愛人。
ワイルドな雰囲気を醸し出す。
既婚者であるが真剣に叶奏と結婚しようと考えている。

スポンサードリンク




4話 ネタバレ

吠え叫ぶ男

「あなたなんか・・・知らないっ!!!」と腕を振り払う叶奏。

突き放されてさらに火がついてしまった男。

そして男は叶奏を無理やり抱きしめて「叶奏ぇぇぇぇ、何故だぁぁぁぁ!??」と叫びだした。

恐怖を感じた叶奏はマモルに助けを求める。

マモル宅に向かう美波

ちょうどその頃、幼馴染の美波がマモルの誕生日を祝おうと家に向かっていた。

マモルとの思い出を振り返りながら自分の気持ちを確かめる美波。

『マモル兄の為に女を磨いて容姿だって完璧にしたのに・・・今夜迫っちゃおっかな・・・』

マモル宅から出てくる知らない男女

そう考えているうちに美波はマモル宅に到着していた。

すると部屋から知らない男が女性(叶奏)を抱え車に乗車するのを目撃する。

そして2人はそのまま車で去っていってしまった。

『マモル兄の部屋から出てきた!!誰!?』と思った美波はすぐにマモルの部屋に駆け上がる。

するとそこには部屋で傷を負いながら倒れこんでるマモルの姿が・・・

放心状態のマモル

慌ててマモルに声をかける美波。

さっき部屋から出てきた2人の仕業と思った美波は思わず「強盗っ!?」と声を荒げた。

叶奏が忘れていった携帯に手を伸ばすマモル。

マモルの頭の中は混乱する。

『夫・・!?妻・・!?悪魔・・!?おっオレが・・5人目って・・?』

2人目の浮気相手

すると手に取った叶奏の携帯に着信が入る。

携帯の画面には鷹野快人という名前と叶奏と40代くらいの男の2ショット写真が・・・

それを見てマモルは『今度は誰っ!?』と思ったのだった。

⇨3話のネタバレはこちら

⇨5話のネタバレはこちら

⇨6話のネタバレはこちら

スポンサードリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク