ヤバイ女に恋した僕の結末 8話 ネタバレ

スポンサードリンク




⇨6話のネタバレはこちら

⇨7話のネタバレはこちら

⇨9話のネタバレはこちら

⇨10話のネタバレはこちら

登場キャラ

森岡マモル

ホラー作家。
叶奏の本性を知ってしまい疑心暗鬼になってしまう。

橘叶奏

マモルの彼女。
正統派の清純女子。
自分の本性をバラされ、マモルに会って話がしたいと持ちかける。

坂下太一

叶奏の浮気相手の一人。
若くチャラチャラした格好で、叶奏のことを執拗に追いかける。

鷹野快人

叶奏の愛人。
ワイルドな雰囲気を醸し出す。
既婚者であるが真剣に叶奏と結婚しようと考えている。

スポンサードリンク




8話ネタバレ

坂下の話が信じられないマモル

叶奏について語り始めた坂下。
坂下「あの肉体が艶めかしくって最高でさぁ〜、一度味わっちまうと二度と離れらんねぇんだよな〜」
その話を聞いて信じることが出来ずにいるマモル。
なぜならマモルが知る叶奏は清純そのものであったからだ。
さらに坂下は昔ボクシングのライセンスを剥奪された時の話をしだした。
試合に負けた坂下は悔しさのあまり試合後路上で再起不能にさせたらしい。

店にいたもう一人の浮気相手

その話を聞いてる最中、マモルは奥に座る1人の男に見覚えがあることに気がついた。
その男は他でもない叶奏の不倫相手の一人である鷹野快人であった。
鷹野と目が合うマモル。
すると坂下が「オレの話聞いてる?一瞬で世の中真っ暗にしてやろうか?」とフォークの先をマモルの眼球に突きつけてきた。
おののくマモル。
さらに鷹野が誰かに電話する素振りを見せる。
その瞬間叶奏の携帯には鷹野快人の名前と鷹野と叶奏の2ショット写真が映った。
こっちを睨みつける鷹野。
これ以上ここにいてはならないと感じたマモルはパソコンを抱えて逃走する。
追いかける坂下。
だがその前に鷹野が立ち塞がり2人はそのまま睨み合ったのだった。

叶奏のことが信じられないマモル

雨の中走り続けるマモル。
『何だ・・・!?男が3人偶然鉢上うなんてありえない・・か・叶奏ちゃんが仕掛けた??』
そう考えているうちに自分が知る叶奏は本当の叶奏でないと思い始めてきた。
するとなんとそこに叶奏が後ろから傘を差し出してきた。
叶奏「マモル君遅くなってごめんね」
マモルの傷をいたわる叶奏。
「やっぱ怒らせちゃった?」と聞いてくる叶奏に『おっ、怒らせちゃったって・・どういうつもりで聞いてんだ・・』と動揺するマモル。
これ以上叶奏に深入りするとマズイと感じたマモルはこの場から逃げ去ろうか悩むのであった。

スポンサードリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク