カラダ 9話 ネタバレ

漫画アプリ「ピッコマ」で毎週土曜日に連載されている「カラダ」。

本記事は9話のネタバレを投稿しております。

連載が進むにつれ、また定期的に更新して参ります。

※ネタバレ以前のあらすじ気になる方は下にあらすじリンクがございますのでそちらからお進み下さい。

スポンサードリンク




⇨8話のネタバレはこちら

⇨10話のネタバレはこちら

登場キャラ

竜崎翔

30歳?くらいの刑事。
未婚の独身。
菜々緒との過去を忘れられずにいる。

桜木菜々緒

達磨へ自分の体を売った23歳の女。
容姿端麗でその体への注文も多いことから、達磨も菜々緒の体を良き商品として扱っている。
達磨へ行動を制限されることに嫌気がさし、代理母になることで人体貸与の呪縛から逃れる。

スポンサードリンク




9話ネタバレ

代理母に困惑する竜崎

まさかの菜々緒の頼み事に驚きを隠せない竜崎。

予定日はおよそ1ヶ月後でそれまでの寝床を提供してくれればそれで良いと菜々緒は言う。

菜々緒「迷惑かけないから1ヶ月だけ。お願い翔くん。」

頭を抱える竜崎。

父親が誰なのか尋ねると菜々緒は「私は・・・この子の母親じゃない。ただの代理母よ。」と答える。

菜々緒は子宝に恵まれなかった中年夫婦の為に体を貸しただけと説明する。

それを聞いて竜崎は「何考えてんだ!!それって禁じられてるじゃないか!!」と声を大きくする。

だが菜々緒は「事情があるのよ」と詳しいことを話してくれない。

信用できない竜崎

当面はその中年夫婦に仕送りなど面倒を見てもらっていたが交通事故で夫婦が死んでしまい、今やお金で頼るアテがなくなってしまったのだという。

そして産まれてくる子供は菜々緒が自分で育てるつもりと考えているようだ。

そんな菜々緒に竜崎は「結婚もしてないのにどうやって子供を育てる!!それも自分の子供じゃないんだぞ!」と怒りだす。

それに竜崎はまだ代理母や中年夫婦が事故死したことを信じていなかった。

正直に真実を話すよう説得する竜崎。

自分のことを信じてもらえない菜々緒は「信じられないなら信じてくれなくていい」と家を出ていこうとする。

そもそも自分の言うことを信じてられるか半信半疑だった菜々緒。

だが竜崎も見捨てることが出来ず結局菜々緒を泊めてあげることに・・・

感謝する菜々緒

菜々緒をベッドで寝かし、自分はソファで寝ようとする竜崎。

その優しさに菜々緒も「ありがとう翔くん。翔くんは私の知る誰よりも良い人。」と感謝する。

脅迫する菜々緒

風呂に入るフリをして誰かに電話をかける菜々緒。

菜々緒「私です。子供が心配なら早くお金を容易して下さい。2億です。お金さえいただければ子供はちゃんとお返しします。」

菜々緒は脅迫するかのように電話越しの人間に話し続けるのだった。

子供への愛情

連勤終わりで疲れて帰る竜崎。

すると菜々緒がどこかに出かけようとする。

どうやら定期検診で産婦人科に行くようだ。

1人で行こうとする菜々緒だったがどうしても心配になったので竜崎は送っていくことにする。

ソワソワしながら待っていると菜々緒が出てくる。

どうやら予定日まであと2週間で子供も正常のようだ。

嬉しそうにお腹の中の子供の写真を見せる菜々緒。

菜々緒は自分の体の中で子供が育っていることに感動する。

襲いかかる魔の手

珍しく上司の飲みの誘いを断る竜崎は昔菜々緒が好きだった食材を土産に家に帰る。

家に帰ると菜々緒が顔色を悪くしてベッドに座りこんでいた。

そして菜々緒が「ダメ!!!やめて!」と言うと竜崎は何者かに後ろからスタンガンを撃たれてしまった。

朦朧とする意識で微かに見える男の影・・・

⇨8話のネタバレはこちら

⇨10話のネタバレはこちら

スポンサードリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク