凛子さんはシてみたい 23話 ネタバレ

スポンサードリンク




⇨21話のネタバレはこちら

⇨22話のネタバレはこちら

⇨24話のネタバレはこちら

登場キャラ

雨樹凛子

本作の主人公。
処女であったが上坂と「脱未経験パートナー協定」を結び処女を捨てる。

上坂弦

凛子の同期。
童貞であったが勢い任せで卒業する。

スポンサードリンク




23話ネタバレ

上坂の回想  凛子の第一印象

『正直苦手なタイプだと思ってた』

それが上坂が凛子に対する第一印象だった。

それは自意識が高く良い女ぶってる感じが学生時代苦手だった女子達と被ってしまうからであった。

そんな相手に童貞を捧げることになり、さらに「上坂くんヒビってるの?」と挑発されてしまい、つい上坂も意地になってしまっていた。

上坂の回想  初ホテル

ホテルに入り少し後悔する上坂。

『何してんだ俺・・』

でも今さら引き返すことも出来ない上坂は勢いに任せるしかなかった。

「シャワーとか別にいいよ」と言い凛子を押し倒す。

既に童貞とバレているのだから特にに失うものもないと上坂は割り切っていた。

だが予想外に怯えた表情をみせる凛子を見て『さっきまであんな強気だったくせに何この反応』と少し驚く。

そして凛子の口から「ごめん待って、私処女なの!!」という言葉を聞いたのだった。

上坂の回想  凛子への興味

その後の凛子の弱った顔を見て『この人もこんな自信なさ気な顔すんだな』と驚いてしまう。

そしてこれを機に上坂の中で凛子に対する興味が湧いてきた。

「脱未経験パートナー協定」という馬鹿げた協定を受けたのもそれが理由であった。

上坂の回想  緊張する上坂

日を改めて初セックスをすることになった2人。

集合場所に向かう上坂はいつにも増して緊張していた。

『今日はちょっとヤバいかも』

上坂の回想  困った凛子の姿

だが実際に会うと自分以上に緊張している凛子を見て上坂は落ち着きを取り戻す。

「特殊なプレイはしないでね。あと恋人じゃないからキスはなし・・」と慌てながら色々条件を言ってくる凛子。

職場では絶対見せないその姿は上坂の興味をどんどん引き立てていく。

『この人に外では見せない顔、もっとさせてやりたい』

そういう欲求に駆られながら上坂は童貞を捨てたのだった。

上坂の回想  初セックスの思い出

初セックスを終えた上坂だが、必死すぎて特に覚えていることはなかった。

覚えていることといえば、凛子の涙目にちょっとグッときたことと終わった後に自分に想像以上の照れがきたことくらいであった。

そしてその後も2人は「独り立ちできるまでのパートナー協定」と名前を変えて関係を続けることになったのだった。

上坂の回想  凛子に対する好奇心

緋山と一緒にいてデレデレする凛子を見ても上坂は特に何も感じることはなかった。

正直凛子が誰のことを好きでどういう理由でこの関係を続けるかなんて上坂にはどうでも良かったのだ。

上坂にあったのは凛子に対する好奇心だけであった。

上坂の回想  大きくなる凛子の存在と胸のザワつき

だがそれから凛子と時間を重ねるうちに上坂の中で凛子の存在がドンドン大きくなっていった。

お風呂に一緒に入ったり、自分の前でだけ大泣きしてくれたり、自分の為に料理を作ってくれたり・・・

『なんだろうなこの気持ち・・一緒にいればいるほど心がザワつく』

それと同時に緋山の存在がその胸のザワつきに拍車をかけていったのだった。

⇨21話のネタバレはこちら

⇨22話のネタバレはこちら

⇨24話のネタバレはこちら

スポンサードリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク