絶望の楽園 7話 ネタバレ

スポンサードリンク




⇨6話のネタバレはこちら

⇨8話のネタバレはこちら

登場キャラ

芦屋透

17歳の高校生。
地下空間からの脱出の機会を伺う。

野田健児

奇跡の力を体験し無事蘇生を果たす。
禊を終了したかと思えば、急に信者を喰べ出すなど異常な行動を示す。

小鳥遊秋人

透と同じように拉致され教会信者として地下に幽閉された30代くらいの男。
透に協力する唯一の人物。

スポンサードリンク




7話 ネタバレ

迫り来る健児

優以の顔面を喰いちぎる健児。

それを壁から覗き込む透。

すると健児は透の気配に気がついたのかこっちに歩いてくる。

『やばい!!こっちに来る・・』

すると後ろから何者かが透の口を抑え、強引に身体を引っ張った。

健児が壁の向こうを覗くと・・・そこには誰もいなかった。

全員喰われているという現実

透を引っ張ったのは秋人だった。

2人は倉庫室のようなところへ身を隠していた。

「何なんですかあれは!?」

動揺する透は秋人へ問い詰める。

だが秋人もその正体は分かっておらず、唯一分かっていることは禊を終えた人間は全員例外なく喰われているということだけだった。

秋人「おそらくこの地下は信者を育てる為の施設ではない。神殿建築という積み木遊びをさせ腐った飯で体を弱らせ出荷する、まさに家畜小屋ですよ

唯一の希望

それを聞いて絶望してしまう透。

だが希望はまだあると秋人は言う。

それは透が師父の息子ということである。

どうやら昨晩の京子と透の会話を秋人は部屋の外から聞いていたらしい。

秋人「あの女は君に執着していた。大事な後継者を死ぬだけの場所におとすとも思えない・・おそらく君が生き残れるか試している。」

そして秋人は「2人でならここから脱出できる。協力してくれませんか?」と透に手を差し伸べたのだった。

水面下で動く秋人と透

翌日、透はいつも通り業務を行いながら神官の行動パターン確認する。

『作業を見張る神官が4人・・・2人交代で通路を巡回しているのか・・』

実は昨日あの後、秋人と透は脱出の為の作戦を立てていたのだ。

秋人曰く、地上へ出口は昨日の螺旋階段しかないらしくそこへ行くには神官の指紋でしか開かない電子ロック扉を通らなくてはいけないのだ。

その上で透は「神官の行動パターンの確認」、秋人は「扉を開ける方法の調査」とそれぞれの役割を遂行することにしたのだった。

セキュリティ一カード

すると秋人は吉田という1人の信者が業務の関係で電子ロックを開けることが出来るセキュリティ一カードを渡して貰えたと周りの信者達に高らかと自慢しているのを目撃する。

すぐに秋人は裏で吉田を取り抑え「ちょっとカードお借り出来ますか?」と強引にカードを奪う。

そして透と秋人の2人はそのカードを頼りに通路に潜入したのだった。

まさかの脱出失敗

神官の巡回ルートとその歩くスピードを透が頭に叩き込んでいた甲斐もあって、なんとか2人は階段前の扉まで到着する。

そして奪ったセキュリティカードをかざすと・・・・なんと警告アラームが発動したのだ。

すぐに3人の神官が2人の前に現れる。

神官「そのカードではその扉は開きませんよ。禊をサボってどこへ行くつもりです?どうやらあなたたちには罰が必要のようだ。

⇨6話のネタバレはこちら

⇨8話のネタバレはこちら

スポンサードリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク