トラップホール 1巻 読んでみた ネタバレ 感想

スポンサードリンク




⇨2巻のネタバレはこちら

⇨3巻のネタバレはこちら

⇨4巻のネタバレはこちら

登場キャラ

岡本ハル子

29歳の大企業勤めのOL。
社内恋愛の末、婚約までしていた彼氏から「後輩の里美のことが好きになった」と突然別れを告げられる。
それから思い切って上京することに・・・

浅野くん

ハル子の高校の同級生。
ノリが良く、ちゃらんぽらんな性格。
現在は東京でブラジル料理店を営んでいる。
失恋で落ち込むハル子に東京の自分の店で働くよう勧める。

健太

ハル子の婚約者。
後輩の里美に恋してしまいハル子に別れを告げる。

よねちゃん

ハル子の親友。
失恋に落ち込むハル子を必死に励まそうとする。
独立しグラフィックデザイナーをしている。

金子さん

浅野のところでアルバイトする学生。
かなり生真面目な性格。
少し空気読めないところがある。

スポンサードリンク




1巻ネタバレ

ドン底に落ちたハル子

29歳で祥伝グループ(超大手)に勤めるハル子。

そんなある日ハル子は婚約者の健太(職場の同僚)から別れを告げられる。

健太「恋に落ちたんだ」

相手は後輩の里美。

その瞬間、ハル子の心はドン底に突き落とされた気分になった。

『人をこんなところに突き落としておきながら自分だけそんな楽しげなモン(恋)に落ちるなんて』

ハル子は健太に「ひとでなし」と一言浴びせたのだった。

枯れ果てるまでの号泣

それから泣く場所を求めたハル子は高校の同級生である浅野に連絡をした。

*浅野は用事でたまたまた地元に帰ってきていた

公園で待ち合わせた2人。

浅野「何も考えなくていーよ。ただもう無心で泣きな?今日は」

その言葉が胸に響いたのかその日の晩、ハル子は涙が枯れるまで泣き続けた。

平静を装うハル子

翌日、職場の廊下でハル子は健太とたまたますれ違うが平静を装いそのまま通り過ぎた。

『よかった・・涙残しとかなくて・・』

突然の上京

それからしばらくハル子は気持ちの行き場が分からない日々を過ごしていた。

職場でも(噂を聞いた)同僚が気を使って慰めてくれたり、父親はなぜか自分に怒りだしたり・・・

そんな気持ちを(東京にいる)浅野に相談してみると「仕事辞めて、ウチで働きなよ。ウチ今マジでバイト探してんだよねー。とりあえず店の3階住めばいーし」と誘ってきたのだ。

*浅野は東京でブラジル料理店を営んでいる

普通に考えれば有り得ないその誘い・・・

だがどうしても吹っ切れたかったハル子はその誘いに乗っかったのだ。

親友のよねも思わず心配するが、ハル子の意思は固かった。

*もともと上京したい願望はあったようなのだが父親の反対もあり出来ずにいたらしい

上京1日目

とりあえず単身東京に向かったハル子は、浅野が経営するブラジル料理店へ。

知らない街、知らない店で働くことに少し緊張するハル子。

だが浅野をはじめとしたスタッフや外観の良いお店のお陰もあって徐々に馴染んでいく。

寂しくなったハル子

東京に来て暫くした頃、ふと健太の事を思い出して寂しい気持ちになったハル子は暫く人間の肌に触れてないことを思いだす。

店が終わり、浅野と2人で飲んでいた時ひょんなことから浅野がキスを迫ってきた。

『やっぱり温かくて柔らかくて湿っている』

別に誰でも良かったハル子は浅野とそのまま一線を超えたのであった。

別に浅野に対して感情が芽生えた訳じゃないが「気持ちいい」という感覚だけはしっかり残ったハル子。

まさかの嫁登場

それからしばらくそんな関係が続いたのだが、そんなある日セックスを終えた2人の前に現れたのは・・・浅野の妻であった。

バイト中の2人の関係を怪しんだ金子が告げ口したようだ。

*金子はブラジル料理店で働くアルバイトの女の子(学生)

浅野が結婚してることを知らなかったハル子はテンパる。

そしてハル子は(浅野の)妻に「いい年こいたらね、知らなかったは罪なんだよ」と素っ裸のまま追い出されてしまったのだ。

生命の危機

浅野が窓から服を投げてくれるも服はそのまま溝に落ちてしまう。

ハル子は生まれて初めての生命の危機を感じていた。

道影に隠れながら、通りすがる人達を眺めるハル子。

そしてなんとか同世代くらいの女の子に声をかけ、服とお金を貸して貰うことに成功したのだ。

さらにドン底

その後連絡先を交換し、なんとか危機を脱したハル子。

貸して貰ったお金で(ネカフェ)シャワー浴びながら『あれ(健太との失恋)がドン底だと思ってたのにな・・まださらに下があった・・』とハル子は絶望するのだった。

⇨2巻のネタバレはこちら

⇨3巻のネタバレはこちら

⇨4巻のネタバレはこちら

感想

1巻は特にハル子の不幸が凝縮されていましたね。
ただその中でもポジティブになろうとするハル子の姿勢や心配してくれる友人がいたりするのは読んでいて元気になれます。
浅野君も悪気があった訳じゃなさそうだけど、そういった一時の感情が周りの人間を傷つけてたりするのかなぁ?と考えさせられたりします。
2巻以降、ハル子に幸運があることを祈って読んでいきたいと思います。

トラップホールの通信簿

絵柄     ⭐⭐⭐⭐☆

演出     ⭐⭐⭐☆☆

ストーリー  ⭐⭐⭐☆☆

キャラクター ⭐⭐⭐⭐☆

世界観    ⭐⭐⭐⭐☆

セリフ    ⭐⭐⭐☆☆

スポンサードリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク