凛子さんはシてみたい 25話 ネタバレ




⇨23話のネタバレはこちら

⇨24話のネタバレはこちら

⇨26話のネタバレはこちら

登場キャラ

雨樹凛子

本作の主人公。
街中で傷心していたところを緋山に癒してもらう。

上坂弦

凛子の同期。
泣きながら走って行った凛子を追いかける。

緋山余一

凛子が勤務するブライダル会社の専属の営業会社の男。
凛子に片思いをする。

飯野志保

上坂の初恋の相手。
婚約者と上手くいっていない模様。


スポンサードリンク


25話 ネタバレ

呼び止めようとする上坂

凛子を追いかけた上坂。

だがそこで目撃したのは緋山の腕の中で泣き崩れる凛子であった。

「雨樹さっ・・」と呼び止めようとするが、自分が邪魔者と感じた上坂は諦めてそのまま家に帰ったのだった。

緋山の言葉に癒される凛子

とりあえず雨宿りのために会社に向かった緋山と凛子。

びしょ濡れの凛子に緋山はタオルを渡してくる。

緋山「ほら、風邪引くし早く着替えておいで。着替え終わったら家まで送るから。」

そんな緋山の優しさに凛子の冷えきった心は癒されていく。

『もうずっと楽しいより苦しいの方が心を占めててパンクしそうだったから、緋山さんの持つ穏やかさに救われる』

笑ってしまう凛子

車に乗る2人。

家に帰ってからも身体を温めるよう言ってくる緋山に凛子はつい笑ってしまう。

凛子「緋山さんさっきからずっとお父さんみたいだから」

恋人枠を狙ってる緋山は少し悔しそうな表情を浮かべるが、「でもいーや、雨樹さんがそうやって笑ってくれるならなんでも」と優しく笑いかけたのだった。

その時、凛子は今自分がこうして笑えているのは緋山のお陰であると気がついたのであった。

またも告白する緋山

別れ際、立ち去ろうとする凛子に緋山は「やっぱり俺と付き合おうよ」と告白してきた。

凛子が「私上坂くんのこと・・」と言うも、それを遮るように緋山は「上坂くんとの恋は辛くて苦しいでしょ?」と言ってくる。

緋山「俺とならずっと笑ってられるよ。毎日楽しいって思わせられる自信あるから」

そしてこの前みたく返事を待たず、今回は「明日何も返事なかったら諦める」と言って緋山は去っていったのだった。

緋山の言葉に揺れる凛子。

『緋山さんの言う通り・・上坂くんを想えば思うほど苦しさに溺れそうになっていた・・緋山さんと付き合えばそんな気持ちも忘れられるかな・・』

苛立ちをあらわにする志保

彼氏(婚約者)がいる家に帰る志保。

志保が仕事をする彼氏に「新しいのでてたらか買ってきた」とブライダル雑誌を見せると、彼氏は少し呆れた様子で「志保ちゃん。何度も言ってるけど今は仕事が忙しくて結婚のこと考える余裕ないんだって」と答えたのだった。

志保の表情が曇る。

そして結婚時期をはぐらかす彼氏に志保はブライダル雑誌を投げつけたのだった。

志保「もうすぐっていつよ!?私もう27だよ?いつまでも可愛いってチヤホヤしてもらえるわけじゃないの!!」

志保は「結婚する気ないならもう別れるっ」と言って家を飛び出したのだった。

上坂からも相手にされない志保

すぐに志保は上坂に電話する。

電話越しで咳き込む上坂に志保は「体調悪いの?私すぐそっち戻るよ。」と言うも、「ほんとごめん。今は1人にして。」と言われてしまう。

思い通りにいかない志保は少しイラついた表情を浮かべた。

⇨23話のネタバレはこちら

⇨24話のネタバレはこちら

⇨26話のネタバレはこちら





スポンサードリンク


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク