復讐の毒鼓 50話 ネタバレ




49話のネタバレはこちら

51話のネタバレはこちら

52話のネタバレはこちら

53話のネタバレはこちら

54話のネタバレはこちら

55話のネタバレはこちら

56話のネタバレはこちら

57話のネタバレはこちら

58話のネタバレはこちら

59話のネタバレはこちら

60話のネタバレはこちら

*61話以降のネタバレは60話ネタバレページからお進みください

主要キャラ

神山勇

本作の主人公。
弟のの仇をうつため秀になりすまして泰山高校に潜入する。
現在親衛隊12位から15位のメンバーをまとめて倒そうとしている。

早乙女零

ナンバーズの会長。
圧倒的なカリスマ性でナンバーズをまとめる。

五十嵐切男

親衛隊5位。
後輩である近江を気にかける。

近江清十郎

親衛隊の20位。
親友である遠藤を救うため、勇を裏切る。

皆川

親衛隊15位。
4人がかりで勇を仕留めようとする。

者谷

親衛隊14位。
4人がかりで勇を仕留めようとする。

兵倉

親衛隊12位。
4人がかりで勇を仕留めようとする。


スポンサードリンク


50話 ネタバレ

無傷で一蹴する勇

襲い掛かってくる3人の親衛隊を無傷で一蹴した勇。

結局12位から15位の親衛隊4人がかりでも勇に傷一つ負わすことが出来なかった。

密告する五十嵐

すぐにその情報は早乙女の耳に入る。

五十嵐が密告していたのだ。

早乙女「驚きですね。5人いても1つも怪我を負わせないとは。とにかく近江の弱点が遠藤ということは分かりましたね。」

五十嵐「あぁオメーの言う通り遠藤を餌にしたらマジでチョロかったぜ。」

五十嵐は近江が裏切ってるかどうか探りを入れていたのだ。

今回の勇の強さを見て、五十嵐は(親衛隊)下位のメンバーでは歯が立たないと悟った。

なので「去年みたいに神山呼び出して皆でボコればよくね?」と提案するも早乙女に「君の知らない事情もあるんですよ」と却下されてしまう。

今後も近江を警戒する早乙女

早乙女は五十嵐に今後も近江を見張るよう指示する。

今回は遠藤を餌にしてこちらの味方につけたが、またいつ裏切るか分からないと警戒しているのだ。

早乙女「近江にも希望をあげてください。その希望が大きければ大きいほど潰しがいがあるってものです。」

早乙女の残忍な思考に思わず笑ってしまう五十嵐。

そして早乙女は謹慎期間が終わった瞬間勇を潰すと宣言したのだった。

勇の意向

勇と近江は今後の行動について話し合う。

勇は今回の近江の(自分への)裏切りを前向きに捉えていた。

勇「これで早乙女はお前がまた味方に戻って来たと思うだろう。ただ俺に脅されて仕方なっただけだと。」

さらに勇は近江に遠藤を見張るよう注意を促す。

*遠藤がまた人質に取られる可能性があるから

近江は「お前は俺を信じるのか?」と尋ねるも勇は「いや、信じない。お前は遠藤に何かあったらいつでも寝返ると思ってる」と答えた。

だが勇にとってはそれくらいの方が単純で分かりやすいと考えていたのだ。

そして勇はこれからも今まで通り親衛隊の下位から順番に倒していくつもりでいた。

それが早乙女の狙い通りと分かっていても、勇は警察が学校に出入りしている間は大げさな動きが出来ないと踏んでいたのだ。

あと勇は近江に1つ指示を出した。

「早乙女に報告する時は俺がだいぶ怪我していると伝えてくれ」

49話のネタバレはこちら

51話のネタバレはこちら

52話のネタバレはこちら

53話のネタバレはこちら

54話のネタバレはこちら

55話のネタバレはこちら

56話のネタバレはこちら

57話のネタバレはこちら

58話のネタバレはこちら

59話のネタバレはこちら

60話のネタバレはこちら

*61話以降のネタバレは60話ネタバレページからお進みください





スポンサードリンク


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク