復讐の毒鼓 51話 ネタバレ




50話のネタバレはこちら

52話のネタバレはこちら

主要キャラ

神山勇

本作の主人公。
弟のの仇をうつため秀になりすまして泰山高校に潜入する。
現在親衛隊12位まで討伐している。

早乙女零

ナンバーズの会長。
圧倒的なカリスマ性でナンバーズをまとめる。

内村清隆

ナンバーズに所属する2年。
早々に勇の奴隷にされるが、今は勇に一定の信頼を置いている。

臨堂一

親衛隊11位の3年。
謹慎中なので暇を持て余している。

八木健介

親衛隊8位の3年。
一見文系な雰囲気だが冷徹な一面を持つ。


スポンサードリンク


 51話 ネタバレ

怪我をしたフリをする勇

教室で1人肩を回す勇。

気になった内村が「どうしたんだ?」と尋ねると勇は「この間、どこかで打ったらしい。肩が痛む。」と答える。

そして勇はノートに筆談で「怪我したと噂を流せ」と内村に指示を送ったのだった。

早乙女からの一通のメール

教室で暇そうにする臨堂一(親衛隊11位)の元にも先日の親衛隊4人が一蹴されたという情報が入ってくる。

臨堂「クッソ・・あのバカ共」

謹慎中でパシリもできなことにストレスを溜める臨堂。

隣の席に座る八木健介(親衛隊8位)が「僕だって大人しくしてるんだからさ少しは我慢しなよ」と宥めるが、臨堂はなかなか納得できない様子・・

すると臨堂の元に早乙女さらもう一通連絡が入った。

早乙女「内村清隆」

それだけ送られてきて意味が理解で出来ない臨堂。

だが八木は「なにそんな考えてんの。呼び出して潰せばいいだけだよ」と言ったのだった。

臨堂も「あぁだな」と同調する。

リンチされる内村

昼休、臨堂に屋上へ呼び出された内村。

そして黙りする内村へ臨堂は「テメー、神山の味方だろ」と単刀直入に聞いたのだった。

あからさまに動揺してしまう内村。

「なに驚いた顔してんだよバーカ演技の一つもできねーでどーすんだよ」と内村を蹴り飛ばした。

そして臨堂は内村が先日刺された脇腹だけに拳を入れてきたのだ。

臨堂「あぁわりぃ。そこ刺されたとこだっけ。んじゃそこだけ殴ってやるよ。縫い目があっちゃお前もヤダろ?」

50話のネタバレはこちら

52話のネタバレはこちら





スポンサードリンク


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク