秘密のビデオ喫茶 5話 ネタバレ




⇨6話のネタバレはこちら

登場キャラ

高橋実

秘密のビデオ喫茶の受付係。
鈴音の世話係を任される。

鈴音

ある日突然、秘密のビデオ喫茶で働くことになった女性。
そしてそのぞ条件とは1回1万円で本番までというもの。
言葉は一切発せず、なぜか秘密のベルにだけ反応する。

佳代

デリバリーサロンで働く 20代くらいの女性。
気も強く、実に強く当たることも多いがどうやら実に気がある様子。

七瀬麗子

秘密のビデオ喫茶の社長。
とある施設から鈴音を強引にスカウトする。

篠崎隆二

江海という組織に所属するチンピラ。
秘密のビデオ喫茶にもたまに来店する。
萩野に強い恨みを持つ。

荻野翼

駐屯地で働く大柄な男。
秘密のビデオ喫茶の常連。

本村

警察官巡査。
秘密のビデオ喫茶の周辺をうろつく。


スポンサードリンク


5話 ネタバレ

喧嘩を止める本村

荻野に襲いかかる篠崎。

だが荻野は篠崎の攻撃を軽くかわし、カウンターを与えた。

流血する篠崎。

だが篠崎は「こっからが本番だ!覚悟しろよ!」ともう一度立ち上がった。

するとそこに「何の騒ぎだね?荻野君。篠崎君。」と何者かが割って入ってきた。

本村巡査だ。

本村は「また同じようなことがあれば次は注意だけでは済まない。いいな?」と言って2人の喧嘩を止めたのだった。

酔って絡んでくる佳代

仕事終わり、佳代と2人で飲みに行く実。

佳代は「とにかく来てくれてありがと。今日は1人で飲む気分じゃなかったし。」と感謝してくる。

どうやら昼間のことで怒っているのではなく、別のことでストレスを抱えてるようだ。

*昼間客から強引に本番をせがまれた

それは彼氏の借金であった。

そのせいで佳代が1年かけて貯金したお金が全部なくなってしまったというのだ。

「あーあ、もう人生嫌になるわ。」という佳代に対して、実は「1回地元に帰ったら?」と提案する。

だが佳代には帰るつもりなど毛頭なく、これからどうするか考える。

佳代は「あんんたさ、年下の私がタメ口なの何とも思わないの?」と聞いてくる。

特に気にしていない実は「いや、特に気にしてないけど」と日本酒を飲みながら答えた。

すると佳代は「今日・・私と寝る?」と突然言い出したのだ。

思わずムセてしまう実。

佳代も「バーカ、何ムセてんのよ。冗談に決まってんでしょ。」と頭を撫でてくるが、その後「なんで私が・・あんたと・・」と悲しそうな表情を浮かべたのだった。

鈴音を思う荻野

鈴音とのひと時を思い出し、1人興奮する荻野。

思い出していたら思わず股間部がモッコリしてしまう。

荻野「それにしても・・なんで一言も喋らないんだ?」

鈴音に魅了されてしまう篠崎

その頃、篠崎は秘密のビデオ喫茶に来店していた。

実の代わりに受付をする麗子。

*実が佳代と飲みに行くので麗子に仕事を代わってもらったらしい

荻野との喧嘩の後、お酒を飲んで篠崎は少し酔っ払っていた。

指名した女の子を連れて、受付を済まそうとする篠崎。

すると麗子はいきなりベルを鳴らし出したのだ。

篠崎「あ、ベル?今日は社長のおごりってか?」

振り返るとそこには既に鈴音が立っていた。

そしてその鈴音の姿を見た篠崎の目は釘付けになってしまう。

(指名された)女の子が「早く行こうよ」と篠崎の肩に手をかけると、篠崎はその手を「どけ」と振り払い鈴音に歩み寄った。

篠崎「いいじゃん、おれが好きなタイプだわ」

そして麗子は「鈴音、12番の部屋お願いね」と言ったのだった。

⇨6話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク