復讐の毒鼓 59話 ネタバレ




58話のネタバレはこちら

60話のネタバレはこちら

主要キャラ

神山勇

本作の主人公。
弟のの仇をうつため秀になりすまして泰山高校に潜入する。
臨堂との対決に向かう。

神山秀

勇の双子の弟。
1年前にナンバーズから暴行を受けて死亡してしまう。
だが生前ナンバーズについて重要な情報を握っていたようだ。

早乙女零

ナンバーズの会長。
圧倒的なカリスマ性でナンバーズをまとめる。

雷藤仁

勇の昔からの仲間。
喧嘩も強くその実了は高校時はレスリングチャンピオン。
ナンバーズ運営陣の左川や右山とも同レベルかそれ以上の実力。

風見愛

勇の昔からの仲間。
動きが俊敏で、軽快な動きを得意としている。
実力は仁にも引けを取らない。
資格を取る為宅配のバイトをしてお金を貯めている。

七尾満

親衛隊の7位。

六田義男

親衛隊6位の3年。
秀と同じ中学だった。

内村清隆

2年2組の不良の1人。
勇の味方につくも、早乙女に弱みを握られている。

南原光良

2年2組の不良の1人。
初めは勇に敵意をむき出していたが、今は一目置いている。


スポンサードリンク


59話ネタバレ

神山秀の存在

愛と合流した仁。

お互いの近況を話した後、愛は本題に入る。

愛「神山秀って勇なの?」

仁が「急にどーした?」と尋ねると愛は「早乙女が神山秀のこと探してるんだってさ」と答える。

実際勇がどういう理由で秀に成りすましているのか仁も知らない為上手く答えられない。

とりあえず他校の連中には口封じをしといた方が良さそうと判断した愛と仁。

さらに仁は「皆の口封じついでに勇に会いにいこーぜ。だいぶ会ってねーし」と提案したのだった。

七尾からの挑戦状

内村の携帯に一通のメールが届く。

相手は七尾からで「今夜(勇に)会わせろ」という内容だった。

内村はすぐにそのことを勇に伝える。

勇『計画通りテンポ良く進んでる。想定外のことが起きなければ今週のうちに早乙女と決着がつけられるだろう』

勘ぐってしまう南原

南原はそのころ六田から呼び出しを受けていた。

すぐに六田のクラスに向かう南原。

会って早々に六田は「内村はお前より順位低いよな?」と聞いてくる。

どういうことか尋ねると六田は「内村が早乙女に会って何話したかも知らねえな、その様子じゃ」と言ってきたのだ。

ますます意味がわからない南原。

六田「謹慎期間が終わったら内村が2年の番長になるらしい」

それを聞いて南原の中に1つの不安がよぎった。

南原『もしかして自分だけ助かろうと思って俺のこと売ったんじゃ・・・だとしたら謹慎期間が終わったら俺がやられる

校門前

その頃、愛と仁はバイクで泰山高校に向かっていた。

どうやら校門前で待ち伏せするつもりらしい。

ちょうどその頃、校門前で勇を待ち伏せする七尾。

校門から出る勇を見つけると七尾は「ちょい待ち」と声をかけた。

58話のネタバレはこちら

60話のネタバレはこちら


スポンサードリンク






スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク