復讐の毒鼓 60話 ネタバレ




⇨61話のネタバレはこちら

⇨62話のネタバレはこちら

⇨63話のネタバレはこちら

⇨64話のネタバレはこちら

⇨65話のネタバレはこちら

⇨66話のネタバレはこちら

⇨67話のネタバレはこちら

⇨68話のネタバレはこちら

⇨69話のネタバレはこちら

⇨70話のネタバレはこちら

*71話以降のネタバレは70話ネタバレページからお進みください

主要キャラ

神山勇

本作の主人公。
弟のの仇をうつため秀になりすまして泰山高校に潜入する。
臨堂との対決に向かう。

雷藤仁

勇の昔からの仲間。
喧嘩も強くその実了は高校時はレスリングチャンピオン。
ナンバーズ運営陣の左川や右山とも同レベルかそれ以上の実力。

風見愛

勇の昔からの仲間。
動きが俊敏で、軽快な動きを得意としている。
実力は仁にも引けを取らない。
資格を取る為宅配のバイトをしてお金を貯めている。

七尾満

親衛隊の7位。

内村清隆

2年2組の不良の1人。
勇の味方につくも、早乙女に弱みを握られている。

南原光良

2年2組の不良の1人。
初めは勇に敵意をむき出していたが、今は一目置いている。


スポンサードリンク


60話 ネタバレ

公園に連れて行かれる勇

校門から出る勇に声をかける七尾。

一緒にいる内村と南原には「オメーはもう消えな。俺ちんだけで十分そうだ」と忠告する。

そして七尾は勇の肩に手を回し「オイオイ、少しは笑ってよん。仲良いフリしてさー」と小声で呟いたのだった。

内村にキレる南原

勇が七尾に連れていかれた後、南原は内村に「オイ、テメー早乙女さんに裏で媚びてんのかよ」と睨みつける。

内村が「なんのことだ?」と尋ねると南原は「俺と神山のことチクって早乙女さんに番長にさせてくれつったんだろ?」と言ってくる。

事情を察した内村は落ち着いた様子で「行こう。向こうで話そう。」と答えたのだった。

勇を発見する愛と仁

校門前に到着した愛と仁。

すぐに2人は勇とそれに肩を回してる七尾を発見する。

愛「仲良しこよしってワケじゃなさそうだね」

不意打ちを仕掛ける七尾

公園に連れていかれた勇。

すると七尾はいきなり煙草を吸い出した。

七尾「喧嘩する前に一服するのが癖でさ。吸い終わるまでに勝てなかったらプライドがちょっとばかし傷つくもんで」

そんな七尾に勇は「喧嘩する度に計ってるなんてよほど頭が悪いみたいだな」と挑発する。

その挑発にイラついたのか七尾は持っていた煙草を投げてきて、不意打ちを仕掛けてきたのだ。

肩で七尾の一撃を食い止める勇。

だが七尾はさらに唾を吐いて、勇に隙を作らせた。

なんとか唾と攻撃を避ける勇だが、勝つ為なら手段を選ばない七尾の攻撃に勇も若干反応が遅れる。

さらに七尾が手に持った砂を勇の顔面にかけると、さすがの勇も体勢が崩れてしまう。

そしてその隙をついた七尾は勇の顔面に強烈な蹴りをくらわせたのだった。

睨みつける勇

するのそこに愛と仁が現れる。

七尾が「失せな」と忠告するも仁はベンチに腰をかけ「俺ら帰ったらお前(七尾)死ぬぞ」と逆に忠告し返したのだ。

仁「俺っちの顔見て(勇が)ちょっとは冷静になっただろ。アイツが1番嫌いなのが汚いやり口の卑怯者だからな。

言われてる意味が分からない七尾は「オメーらのことも後で可愛がってやるから待ってな」と言い、まずは勇の相手をする。

すると勇は鬼の形相で七尾を睨みつけていたのだ。

⇨61話のネタバレはこちら

⇨62話のネタバレはこちら

⇨63話のネタバレはこちら

⇨64話のネタバレはこちら

⇨65話のネタバレはこちら

⇨66話のネタバレはこちら

⇨67話のネタバレはこちら

⇨68話のネタバレはこちら

⇨69話のネタバレはこちら

⇨70話のネタバレはこちら

*71話以降のネタバレは70話ネタバレページからお進みください


スポンサードリンク






スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク