彼氏います。 読んでみた あらすじ 感想




登場キャラ

浅見日向

本作の主人公。

父親の死と母親の夜逃げがキッカケで自信を失ってしまう。
大学生活ではバイトと勉強ばかりで友人が1人もいない。

皆藤陸

日向の中学時代の同級生。

日向に片思いを抱いていた。

サッカーでは大学リーグベストイレブンに選ばれるほどの実力者。

亮二

日向と同じ英語科に通う大学生。

日向や陸と同じ中学に通っていた。

あらすじ

再会

大学でとある授業に出席した皆藤陸。

するとたまたま席が隣になったのが中学時代自分が片思いを抱いていた浅見日向であることに気がつく。

授業が終わると陸はすぐに「お・・俺のこと覚えてない?中3の時東京に転校した・・」と声をかける。

日向も当然のように覚えており陸は感激したのだが同時に日向のよそよそしい態度に少し寂しさを覚えたのだった。

2人の出会い

2人は出会いは中学時代、陸がサッカーボールを日向にぶつけてしまったのが始まりだった。

運動音痴の日向は陸のサッカースキルに見惚れてしまう。

その日を境に2人は仲良くなり、ある日日向は嬉しそうに父親に陸を紹介する。

日向「お父さん、この子が陸だよ。前に話したサッカーの天才」

父親も快く陸を出迎える。

さらに父親は知り合いのサッカー強豪校のコーチに陸のことを推薦しておいたと言い出したのだ。

それを聞いて「・・えぇ!?」と驚く陸であったが、日向が「陸なら大丈夫!」と励ましてくれたことで自信を持つことが出来た。

別れ

その後、名門校の試験に無事合格した陸は東京の高校に行くことに・・・

別れ際、陸は日向に「俺の気持ち・・返事も書いてくれたら嬉しい」と手紙を渡した。

そして感極まった陸は日向を抱きしめたのだ。

だがそれ以降、日向から連絡が来ることはなかった。

後悔したくない陸

大学で日向に会うたびに積極的に話しかける陸。

陸の態度とは対照的に日向は「悪いんだけどさ・・・僕忙しいんだ。連絡してくれても図書館にいたりバイトで電話取れない・・」と冷たい態度をみせる。

だが陸は日向に歩み寄ることを止めようとはしなかった。

なぜなら陸はまだ日向に恋心を抱いており「今回は絶対に後悔したくない」と心に決めていたからだ。

日向の過去

日向がここまで変わってしまったのには理由があった。

それは日向が中学3年の冬の時、家が自己破産してしまっていたことだった。

さらに母親は家族を置いて夜逃げ、父親はそのショックで死んでしまったのだ。

日向は親戚の叔母の家に預けられる形になったのだが、転校先の学校でも日向は両親がいないという理由でイジメにあってしまう。

それを機に日向は完全に自信を失ってしまったのだ。

バイトばかりの日向

日向は大学生になった今でも妹の授業料などで金銭面で苦しい思いをしていた。

バイトを重ねても生活費でお金は消えてしまう。

さらに叔母からは厄介者扱いを受ける始末・・・

歩み寄る陸

日向の事情を同じ中学の同級生である亮二から聞いた陸は余計に日向に気を配るようになる。

ある日、陸は日向にご飯を奢ってあげようとする。

だが日向は「僕が貧乏に見えるの?同情しないで!」とお金を置いて帰って行った。

それでも陸は後日日向に「俺にとってはお前の家族は恩人だ。おじさんへの恩返しを代わりにお前にしてるんだって思え」と伝え、母親手作りのクッキーを手渡したのだ。

それにはさすがの日向も心動かされたのか、照れながらクッキーを受け取ってしまう。

それは2人の心が近づいた瞬間だった。

サッカーの練習

ある日、学校の球技大会でサッカーをやることになった日向。

バイトがある為練習の時間など作れない日向だったが、「どんな理由があっても欠席は認めない」という先輩からの命令を断ることが出来なかった。

運動音痴の日向は練習でも周りを困らせるプレーばかり・・・

それにはさすがの(中学の)同級生の亮二もフォローできない程であった。

そのことを日向から相談を受けた陸は、日向のサッカーの練習に顔を出すことにしたのだ。

大学サッカー部の陸が顔を出したことで、周りの生徒たちも驚きを隠せない様子・・

さらに陸が「自分浅見日向の幼馴染なんですよ!!」と言ったことによって、日向は初めて周りから感謝を受けたのだ。

感謝しきれない日向

陸からみっちり指導を受けたことで少しだけサッカーが上達した日向。

その日の寮までの帰り道、日向は初めて「今日は・・ありがとう・・」と感謝を伝えたのだ。

何から何まで面倒を見てくれる陸に感謝しきれない日向。

その陸の優しさに日向は『こんなことをしてもらっても僕は君にしてあげれることなんてないのに・・』と負い目を感じてしまうのだった。


スポンサードリンク


感想

冒頭からガッツリボーイズラブの本作品。

それがあたかも当たり前かのような描写には若干の抵抗を覚えます。
もう少し恋心を抱いた経緯を細かく描いてくれたら、多少な納得できた部分もあると思うのですが・・・

まだ4話までしか読んでなので浅い感想になってしまいますが、読んでいて主人公2人に魅力を全く感じません。
多分この類のジャンルの漫画は苦手なのかも・・・(笑)

彼氏います。の通信簿

絵柄     ⭐⭐☆☆☆

演出     ⭐☆☆☆☆

ストーリー  ⭐⭐☆☆☆

キャラクター ⭐☆☆☆☆

世界観    ⭐⭐☆☆☆

セリフ    ⭐⭐☆☆☆


スポンサードリンク






スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク