復讐の毒鼓 81話 ネタバレ




⇨80話のネタバレはこちら

⇨82話のネタバレはこちら

主要キャラ

神山勇

本作の主人公。
弟のの仇をうつため秀になりすまして泰山高校に潜入する。
ナンバーズとの最終決戦に向かう。

早乙女零

ナンバーズの会長。
圧倒的なカリスマ性でナンバーズをまとめる。

風見愛

勇の昔からの仲間。
動きが俊敏で、軽快な動きを得意としている。
木下に急かされ、百々を助けに行く。

四宮拓馬

親衛隊No.4の男。
百々の見張りを任される。

江上百々

秀の友人で文芸部での仲間。
ナンバーズに監禁されてしまう。


スポンサードリンク


81話ネタバレ

フラフラの勇

ナンバーズの2年に殴られ続ける勇。

勇の体力は1発のパンチで吹き飛んでしまう程弱っていた。

さらに早乙女は勇を自分の前に連れてくるよう指示する。

髪を引っ張られ早乙女の前に連れて来られると、「オラとっとと動けや」と五十嵐から蹴りを浴びせられる。

早乙女の「這え」という命令にも勇は従うしかなかった。

早乙女からの非情な言葉

早乙女「何か勘違いしてるようですけど7時30分まで耐えたら2人とも助けるってゲームじゃないですよ?とっとと1人を選んだらどうですか?」

続けて早乙女は「君なりに精一杯知恵を絞ってみたのかもしれませんが、どうですか?ここまできた感想は。君の作戦も計画も無駄だってことが分かりましたか?怒りも復讐も正義も勝ち組の権利なんだよ!!」と言い放つ。

そして最後に「そろそろ元いた場所に戻る時ですよ。負け犬小屋にね」と持っていた煙草の火を勇の頭に擦りつけたのだった。

助けに現れた愛

百々を監禁してる焼却炉で待機していた四宮。

するとそこに愛が「江上さんここにいる?」と言って現れたのだ。

「なんだテメーは」と立ち上がる四宮を見て、愛は「その様子だとここにいるみたいだ」と安心する。

そして愛は「江上さんを取り戻しに来た」と宣戦布告したのだ。

その場にいたナンバーズはすぐに愛を囲みだした。

ナンバーズの手には凶器が・・・

だが愛は「ソレ置いた方がいいよ。怪我するから」と忠告する。

ナンバーズの1人が「怪我させる為に持ってんだよ」と言ってナイフを振りかざすと、愛は巧みな手捌きでそのナイフを奪い取ったのだ。

愛「危ないからしまっとくよ。それから僕本当は弱いヤツには先に攻撃しないんだけど、今は時間ないからゴメンね」

圧倒する愛

そう言って愛は巧みな打撃でナンバーズ1人1人に与えていく。

愛の俊敏な動きに誰一人ついていけず、囲んでいたナンバーズは一瞬にして全員地に伏せてしまったのだった。

残るは四宮1人だけ。

四宮「俺の前で調子乗ったこと死ぬほど後悔させてやるよ。」

愛「へー、そう?」

⇨80話のネタバレはこちら

⇨82話のネタバレはこちら


スポンサードリンク






スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク