復讐の毒鼓 87話 ネタバレ




⇨86話のネタバレはこちら

⇨88話のネタバレはこちら

主要キャラ

神山勇

本作の主人公。
弟のの仇をうつため秀になりすまして泰山高校に潜入する。
ナンバーズとの最終決戦に向かう。

早乙女零

ナンバーズの会長。
圧倒的なカリスマ性でナンバーズをまとめる。

一条元

親衛隊1位の3年。
勇の仲間になったふりをする。
義理堅い男。

倉田

山崎の自殺を担当していた刑事。
秀の事件がきっかけで勇とも接点があり、事件解決に力を注いでいる。


スポンサードリンク


87話 ネタバレ

早乙女のところで向かう勇

五十嵐を倒した勇。

激しい雨に打たれながら「行くか・・」と静かに早乙女の元へ向かおうとする。

武器を持ったナンバーズが次々と襲いかかってくるが、体力を消耗しないよう極力最低限の動きで簡単に仕留める。

立ちはだかる一条

フラフラの勇がこちらに近づいてくるのに早乙女も気がつく。

勇の前に立ちはだかる一条。

一条「これくらいにしとけ。世の中自分の思い通りにならないことの方が多い。」

一条も勇の過酷な背景を理解した上で「俺もわざわざ手出しはしたくない」と伝える。

そっと手で勇の歩みを止めようとしたその時・・・ただならぬ殺気を感じ、一条は思わず腕を引っ込めたのだ。

一条『なんだ?今・・油断してたら・・』

すると勇は「俺もわざわざお前と戦いたくはないがそれでもお前が俺を止めると言うならお前を潰すしかない」と静かに一条を見つめるのであった。

名誉市民になってみねぇか?

機動隊の出動申請が取り下げられたことを受け、自ら現場に出向くとこにした倉田と若手刑事。

するとその道中、バイクに乗った3名の青年に出くわす。

それはジョーから依頼を受けて出動した退学組であった。

*84話参照

青年たちが向かっている方向が自分達と同じであることに気がついた倉田は「サイレン鳴らしてつめろ!」と命令する。

青年達を停止させ、倉田が「おめぇら公園に行くんだろ?秀助けによ」と声をかける。

そして続けて「おめぇら警察の手助けして名誉市民になってみねぇか?」と提案したのだ。

勇VS一条

一条と一進一退の攻防を繰り広げる勇。

たがダメージのあってか一条の攻撃をかわしきれず、腹部に拳を受けてしまう。

膝をついた勇に対し一条は「残念だ。万全の時に戦えたらもっと良い喧嘩になったはずだろうに」とトドメを刺そうとしてくる。

だが勇はその攻撃を絶妙なタイミングで避けると、そのまま両腕で一条の右腕を掴み骨を握り潰したのだ。

⇨86話のネタバレはこちら

⇨88話のネタバレはこちら


スポンサードリンク






スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク