復讐の毒鼓 REWIND 14話 ネタバレ

漫画アプリ「ピッコマ」で毎週日曜日に連載されている「復讐の毒鼓 REWIND」。
最強の不良『毒鼓』として名を轟かせる神山勇。今作はそんな勇が最強とまで謳われた過去とその仲間の雷堂仁、風見愛との出会いを描いた作品となってます。今回はそんな本作の魅力をあらすじと主要キャラを交えてご紹介します。

※ネタバレも時間改めて更新予定です。

⇨13話のネタバレはこちら

⇨15話のネタバレはこちら




主要キャラ

神山勇

後に毒鼓と呼ばれる伝説の不良。
中学時代、高校生30人を一蹴したことで退学する。
不良であることから、母親からは弟の秀と比べられている。

久我山大樹

勇とつるんでいる他地域の不良。
ノリが良く面倒見が良い。

ヤス

勇や大樹の不良仲間。

吉田美枝子

南宗工業高校に通う女子高生。
直人や葵とは従兄弟の関係にあたり、葵がやられたことで瀬口幸恵に復讐をする。

小嶋耕平

東葉高のトップに君臨する男。
南宗工業の古市とは軽いライバル関係。

関直人

東葉高に通う高校生。
妹が上級生にナンパされたことがキッカケでトバッチリを受ける形でイジメを受けている。
妹を守る為、勇たちに助けを求める。

三石

東葉高に通う1年生。
1年の頭として活動をまとめる。
十文字に反旗を翻そうとしている。

江崎

東葉高に通う1年生。
三石に次いでNo.2のポジション。


スポンサードリンク


14話 ネタバレ

状況を推測する勇

警察に連れて来られた勇達。

なんで自分達が警察に連れて来られたのか理解出来ない大樹とヤス。

勇は「直人が学校に来ないから担任が親に連絡したんだろう。いつも俺らに奢ってて小遣いが足りなかったんだろ。そんで親の金にでも手を出した。」と推測する。

勇「親からしたら俺達が諸悪の根源ってやつだ」

待ち伏せしていた三石

その頃、直人は(勇達の)いつもの溜まり場に到着していた。

しかし当然そこには誰もいない。

するとそこに直人を待ち伏せていた三石率いる不良数名が現れたのだ。

三石「十文字じゃなくてとうとう小嶋先輩が動き出したぜ。一緒に来てもらおうか」

ファイティングポーズを取った直人

追い詰められる直人。

だが直人はファイティングポーズを取り、抵抗の意思を示したのだ。

そして掴みかかってくる1人の不良に(大樹に教えて貰った)関節技を与えたのだ。

直人「死にてーのか?」

ビクビクしながらも大樹に特訓してもらった通りに実践した直人。

*8話参照

しかしそんなつけ刃の技術など何人にも通用するわけがなく、次に殴りかかってきた江崎に直人はあっさりノックダウンされてしまったのであった。

古市への宣戦布告

三石はすぐに小嶋に報告する。

三石「サツに通報してアイツらは片付けて関も確保しました」

小嶋は「連れてこいよー」と言って電話を切ると、続いてその場にいた十文字に(南宗の)古市へ電話をかけるよう指示をする。

だが2年である十文字は「古市は3年じゃ・・・」と躊躇してしまう。

小嶋は「南宗の3年は当然うちの2年が相手しないとー?な?」と言って十文字にゴミを投げつける。

怯えながら電話をかける十文字。

十文字「吉田・・・美枝子を・・よこ・・せ」

それを横で聞いていた小嶋はイラだってしまい電話奪いあげ「おい古市、オレオレー小嶋、吉田美枝子連れて廃ビル来いよなー、来ねーと関直人も葵ももろとも殺すぞ」と古市を脅しにかかったのだ。

病院への魔の手

敵の手は既に葵のところにも迫っていた。

樋口女子のリーダーである白石藍名と瀬口幸恵は葵が入院する病院に向かっていたのだ。

扉が開く音で目を覚ました葵。

目の前には自分に暴力を奮った瀬口幸恵の姿が・・

⇨13話のネタバレはこちら

⇨15話のネタバレはこちら


スポンサードリンク






スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク