凛子さんはシてみたい 31話 ネタバレ




⇨30話のネタバレはこちら

⇨32話のネタバレはこちら

登場キャラ

雨樹凛子

本作の主人公。
緋山に別れを告げ、上坂に気持ちを伝えることを決意する。

上坂弦

凛子の同期。
凛子に別れを告げられ傷心していたが、模擬挙式をすることになった。

緋山余一

凛子が勤務するブライダル会社の専属の営業会社の男。
凛子の気持ちを尊重し、別れを告げる。


スポンサードリンク


31話 ネタバレ

見せられる弱さ

模擬挙式を迎えた凛子。

後輩社員からも「雨樹チーフすごい素敵です」「新作ドレスちょー似合ってます」と絶賛の嵐を受ける。

だが凛子は「緊張して吐きそうだけどね」といつも会社では言わない弱音を吐いたのだ。

後輩達もそんな凛子を初めて見たので驚いてしまう。

凛子がこんな風に周りに弱みを見せれるようになったのも上坂のおかげであった。

凛子『上坂君を好きになって自分の弱いところ、情けないところ、ダメなところにいっぱい気づいた。そしてそういう部分を人を見せることがちょっとだけ恥ずかしくなくなった

後輩達もそんな凛子を支えたく「安心してください。いつもお世話になってるぶん、吐く時は私達がお受けします!!」と心強い言葉をかけてくれたのだ。

後輩達の気遣いに感動する凛子。

そして荒くなった呼吸を整え、凛子は『どんな結果になっても受け止める』と決意し会場に足を運んだのだった。

緋山からのお膳立て

一方上坂もタキシード姿で待機する。

するとバッタリ緋山と遭遇してしまう。

「雨樹さんのドレス姿綺麗だった?見たかったなー」と愚痴をこぼす緋山。

上坂が「見ていったらいいじゃないですか」と言うと緋山は「うーん。いいや、近々見ることになるだろうし」と返してきたのだ。

「えっ・・」と驚く上坂。

だがそのタイミングで模擬挙式の呼び出しが掛かってしまったのだ。

去り際に緋山は「じゃあ頑張って。僕からのお膳立てはこれで最後だよ」と言い残したのだった。

やっぱり好きだ

会場に着くとそこにはドレス姿の凛子がいた。

さっきの緋山の言葉を思い出し、複雑そうな表情を浮かべる上坂。

そして2人はまず記録用の写真を撮ることに・・・

凛子「今日はよろしくね」

上坂「よろしく・・」

上坂を隣にしてドキドキする凛子。

凛子『上坂くんが隣にいる。少し前までは当たり前だったことが奇跡みたいに思えるな・・』

さらにカメラマンから「すみません、手繋いでるの1枚だけ欲しいんですけど。」と指示を受ける。

指示通り手をつなぐ2人。

手を握った感覚に凛子は『私やっぱり上坂君のことがすごく好きだ』と実感したのだった。

話したいこと

そして凛子は「上坂くん、話したいことがあるから模擬挙式の後少し時間を下さい」と言ったのだった。

それに対し上坂も「俺も・・俺も話したいことがあるよ。雨樹さんに・・」と答えたのだった。

⇨30話のネタバレはこちら

⇨32話のネタバレはこちら


スポンサードリンク






スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク