絶望の楽園 15話 ネタバレ




⇨14話のネタバレはこちら

⇨16話のネタバレはこちら

登場キャラ

芦屋透

17歳の高校生。
罪を受ける澪を庇おうとする。

八代京子

日照雨の会の幹部的ポジション。
夜伽を拒んだ罪として澪を罰しようとしている。

小鳥遊秋人

透と同じように拉致され教会信者として地下に幽閉された30代くらいの男。
透と一緒に本殿からの脱出を目論む。

隼人

後継者の1人。
年は透と同じくらいの青年。
世の人間を全て配下に置くため、師父の座を狙っている。

神宮寺良馬

後継者の1人。
大企業Insterの社長。
ゴシップ業界ではないかと黒い噂が絶えない男。

鵜飼太一

後継者の1人。
気弱な小学生。


スポンサードリンク


15話 ネタバレ

師父の座を狙う隼人

2人の巫女から夜伽を受ける隼人。

だが夜伽に飽きた隼人は「普通すぎて興奮しないっていうか・・・あんた達姉妹なんだろ?俺2人がヤってるとこみたいなー」と言い出したのだ。

当然2人は嫌がったのだが後継者の命令となれば断ることもできない。

隼人「ほら、動画撮ってやるから早くしろよ」

目の前で女2人がヤってるのを見て高笑いする隼人。

後継者というだけでこんなにも女が言うことを聞くなら、師父になれば一体どうなるのか・・・・想像するだけで隼人は衝動を抑えられなくなっていたのだった。

隼人『この地上最後の楽園とやらで俺が頂点に立ってやる』

教団の言いなりになってしまった透

儀式から3日が経ち、透も他の後継者同様に夜伽を毎晩行っていた。

夜伽の相手は雪野。

その事を食事の席で京子から揶揄われ照れくさそうにする透。

すると後継者の1人である神宮寺良馬が「それで後継者の選別とは何をするんだ?」と京子に質問を投げかけた。

それに対し京子は「それならもう始まってるわよ。後継者としてふさわしい生活を続けてもらいます。昼は教典や教団の歴史を学び・・夜は夜伽。試練で合格したら帰れるよ。」と答えた。

その言葉に後継者の1人である鵜飼太一も「ほ、ほんと!?」と喜びをみせる。

*太一は小学生

そして京子から「だから透君も早く雪野さんを妊娠させてね」と言われた透は「・・あぁ、頑張るよ」とニヤニヤしながら答えたのだった。

そんな透の表情を見た秋人は『やはり透君はもうダメだ。完全に堕ちている・・・』と失望してしまったのだ。

秋人『あの儀式で完全に教団の言いなりになってる・・もう彼と手を組む理由はない。俺は1人でここから脱出しなくては・・・

秋人に接触する神宮寺

情報収集の為に秋人は本殿内を歩き回る。

すると神宮寺が「あんたは信者に混ざって修行か?大変だな」と声をかけてきたのだ。

一瞬驚いた秋人であったが、すぐに神宮寺の意図を理解する。

秋人「後継者でない俺にコソコソ話しかけてくるとはずいぶん余裕がないようだ。俺にどんなお願いがあるんですか?

無駄な駆け引きは必要ないと見た神宮寺は正直に目的を伝える。

神宮寺「俺と同盟を組んでほしい」

秋人の正体

さらに神宮寺は断られない為に秋人の弱みを1つ握っていた。

それは秋人が偽名を使っているということだ。

なんと秋人の正体は須藤春樹という11年前の連続殺人犯だったのだ。

狂気のような目つきで神宮寺を睨みつける秋人。

神宮寺「その顔が見たかった、ようやく本性を出したな?」

⇨14話のネタバレはこちら

⇨16話のネタバレはこちら


スポンサードリンク






スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク