絶望の楽園 19話 ネタバレ




⇨18話のネタバレはこちら

⇨20話のネタバレはこちら

登場キャラ

芦屋透

17歳の高校生。
罪を受ける澪を庇おうとする。

小鳥遊秋人

透と同じように拉致され教会信者として地下に幽閉された30代くらいの男。
透と一緒に本殿からの脱出を目論む。
だがその正体は須藤春樹という連続殺人犯であった。

雪野澪

16歳の女性信者。
一度死んでしまうが、師父の奇跡の力によって生き返った。

隼人

後継者の1人。
年は透と同じくらいの青年。
世の人間を全て配下に置くため、師父の座を狙っている。

神宮寺良馬

後継者の1人。
大企業Insterの社長。
ゴシップ業界ではないかと黒い噂が絶えない男。

鵜飼太一

後継者の1人。
気弱な小学生。

世良達海

後継者の1人。
不気味で何を考えているか分からない神父。

八代京子

日照雨の会の幹部的ポジション。
透を誘拐してきた張本人。


スポンサードリンク


19話 ネタバレ

脱出ルート

自分に協力するよう促してくる隼人。

透が「それは条件による」と答えると隼人は「お前さここから逃げたいんだろ?」と言ってきたのだ。

隼人「俺さぁ知ってんだよ。正門以外の脱出ルート」

信用出来ない透は警戒心を露わにする。

だが透を逃がすことで隼人にもメリットはあった。

師父になりたい隼人としては、透のように後継者争いに興味がない連中にはいなくなってほしいのだ。

他の(後継者の)3人が何を考えいるのか把握しておきたい隼人は「探りを入れてこい。上手くできれば情報をやるよ」と指示してくる。

そして隼人は(教団に)奪われたはずの透のスマホを返してきたのだ。

隼人「この先必要だろ?もう取られんなよ。」

透のスマホ

部屋を出た透。

なぜ隼人が自分のスマホを持っていたのか気になってしまう透。

『なんであいつ・・・俺が拉致された時に奪われたスマホ持っているんだ?』

他の3人の情報

その事を透はすぐに秋人に報告した。

秋人は「あの男が(スマホを)手にしていたということは脱出口を本当に知っている可能性はありますね」と推測する。

さらに秋人は他の3人に関する情報として、神宮寺について話し出した。

秋人「あの男(神宮寺)は脱出したい側の人間だと思います」

今まで社長として様々な権力を振りかざしてきた神宮寺がそんな簡単に地位や名誉を捨てるとは秋人には到底思えなかったのだ。

さらに秋人は残り2人の後継者である(神父の)世良達海と(小学生の)鵜飼太一も今までの言動からここでの生活に不満があると推測する。

だがそれも罠の可能性がある為、不用意に近づくことは出来ない・・・

澪の異変

全員が敵かもしれないこの状況に澪も「なんだか人間不信になりそうですね」とため息をついてしまう。

すると秋人が澪に「そういえば、あなた一度死にましたけど体は何も変わりないですか?」と尋ねる。

澪は笑顔で「はい、全然大丈夫です。」と答えた。

だが実は澪は震える手を必死に抑えていたのだ。

1人の拘束された信者

後日、*学びの時間に足を運ぶ透。

*教団から後継者5人への学びの場

部屋の前には世良と太一が既に到着しており、中には10名以上の信者と京子がいた。

そして壇上には1人の信者が拘束されていた。

京子「今日ちょっと逃亡未遂した夫婦が出てね、こっちの部屋では旦那さんの、あっちの部屋では奥さんの処分を相談してたの」

拘束された男は助けを求める。

すると信者の1人が救いを求める声を上げだした。

信者「俺、そいつの親友なんですけど・・お願いしますっ、どうかっどうか殺してあげて下さい!!

なんとその信者は親友が地下で罰を受けるくらいならここで殺された方がまだ幸せだというのだ。

親友のまさかの発言に拘束された男も唖然とする。

周りの信者達もその発言に同調し「殺してやってくれ」「殺せ」と連呼する。

この状況に恐怖を感じる太一と透。

『ここの連中は善意で彼に死ねと言っているんだ』

迫られた選択

するととある女性信者が「透様に判断委ねてみませんか?」と提案してきたのだ。

女性信者「先日の儀式を乗りこえ、透様は後継者の器として成長されました。透様ならきっと彼をお救い下さるでしょう」

とてもじゃないが「(男を)許してやってくれ」と言える空気ではない・・・

しかし男の「助けてくれっ!!死にたくない!」という叫びを無視すること出来ない中で透は悩んでしまう。

透『くそっ、どうすればいいっ・・!?』

⇨18話のネタバレはこちら

⇨20話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク