外科医エリーゼ 10話 ネタバレ




⇨9話のネタバレはこちら

⇨11話のネタバレはこちら

⇨12話のネタバレはこちら

⇨13話のネタバレはこちら

⇨14話のネタバレはこちら

⇨15話のネタバレはこちら

⇨16話のネタバレはこちら

⇨17話のネタバレはこちら

⇨18話のネタバレはこちら

⇨19話のネタバレはこちら

⇨20話のネタバレはこちら

*21話以降のネタバレは20話ネタバレページのリンクからお進み下さい

登場キャラ

エリーゼ・ド・クロレンス(高本葵)

本作の主人公。
医者になりたいという思いと未来を変える為に皇帝陛下に皇太子との婚約取り消しに申し出ることを決意する。

エル・ド・クロレンス

エリーゼの父。
「婚約を考え直したい」という娘の爆弾発言に驚きを隠せないでいる。

ミンチェスト・ド・ロマノフ

ブリチア帝国の皇帝陛下。
エリーゼのことを慕う心穏やかな老人。
心変わりしたエリーゼを絶賛している。

リンデン

ブリチア帝国の皇太子殿下。
エリーゼの婚約者。


スポンサードリンク


10話 ネタバレ

エリーゼの思いの強さ

エリーゼにとある賭けを提案する陛下。

そして陛下は再度エリーゼに医者がどれほど困難な職業かを理解しているか尋ねる。

前世で高本葵として多くの命を救ってきたエリーゼは当然医者という職業を誰よりも知っていた。

エリーゼ「はい。承知しております。それだけ価値のある職業だと私は思います。」

それを聞いて陛下もエリーゼの言葉が冗談でないと思い、ため息をついてしまう。

高いハードル

だが陛下には1つ大きな疑問があった。

陛下「姫君は自分が医者になれると思っておるのか?」

この世界でも医者という職業は高度な医学試験を通過しなければ就くことができない職業であり、それには高位の貴族でもなんの特恵も存在しないのだ。

そんな厳しい競争の中から本当に医者になる覚悟があるかを尋ねてくる陛下。

それに対しエリーゼは「なれると思っております。私は人の命を助ける仕事をしたいんです。」と自信を持って答えた。

医者として価値のある仕事

陛下としも姫君であるエリーゼに無理強いはさせたくなく、あくまで自分の意思で物事を決めて欲しいという気持ちがあった。

そこで陛下が提案した賭けは「時間を与えるから証明してみなさい。医者としての自分の価値を・・」というものであった。

陛下「皇后になるよりも医者としてより価値のある仕事ができるというなら私はもう何も言わない。ただしもしそれが不可能なら、その時は私の望み通りにしてもらう・・・どうかな?」

期限は6ヶ月以内のエリーゼが成人するまで・・・

その期間内に医学試験に合格し、さらには医者として意味のある仕事をしなければならないというエリーゼには厳しい賭けであった。

だが覚悟を決めたエリーゼは「至らない点もあろうかと思いますが最善を尽くし、陛下の配慮に感謝致します。」と答えたのだった。

陛下もエリーゼの心意気には感心を示すが、その一方で『並大抵の体力では勤まらないしきっとすぐに諦めるだろ・・』と願うのであった。

婚約者との散歩

話が一区切りついたところで、陛下が「リンデン、姫君と庭園でも散歩してきなさい。」と気を使ってきた。

そしてリンデンとエリーゼの2人は庭園を散歩することに・・・

歩きながらもずっと無言の空気にエリーゼも気まずさを感じてしまう。

そんなリンデンに対してもエリーゼは申し訳ない気持ちを抱えていた。

エリーゼ『むしろ彼は被害者なんだから・・望まない結婚をして、不幸な時間を過ごすなんて・・・』

望まない婚約

何か言いたげなエリーゼの表情を察したリンデンは「私に何か申すことでもあるのか?何かあるなら言いたまえ。」と聞いてくる。

そしてエリーゼは「殿下。本当に・・・本当に申し訳ありませんでした。」と頭を下げたのだ。

リンデン「何をそんなに謝ることがあるんだ?」

エリーゼ「小さい頃から今まで殿下にはたくさんご迷惑をおかけして、私の身の程知らずなわがままのせいで望んでもない婚約の話まで・・」

するとリンデンは「誰が言った?」と小さく呟いた。

リンデン「婚約を望んでないと誰が言った?」

⇨9話のネタバレはこちら

⇨11話のネタバレはこちら

⇨12話のネタバレはこちら

⇨13話のネタバレはこちら

⇨14話のネタバレはこちら

⇨15話のネタバレはこちら

⇨16話のネタバレはこちら

⇨17話のネタバレはこちら

⇨18話のネタバレはこちら

⇨19話のネタバレはこちら

⇨20話のネタバレはこちら

*21話以降のネタバレは20話ネタバレページのリンクからお進み下さい


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク