外科医エリーゼ 25話 ネタバレ




⇨24話のネタバレはこちら

⇨26話のネタバレはこちら

登場キャラ

エリーゼ・ド・クロレンス(高本葵)

本作の主人公。
医者になる為、テレサ病院でローザという名で研修を受けている。
実力を遺憾なく発揮し、病院では一躍有名人となった。

グレアム・ファロン

テレサ病院の最年少教授である天才医師。
エリーゼの指導係。
エリーゼのことを本物の天才と賞賛している。

ベン卿

皇宮の侍医を務める名医。
エリーゼが行なったひ臓摘出手術に驚き、テレサ病院へ足を運ぶ。

ゴート子爵

テレサ病院の院長。


スポンサードリンク


25話 ネタバレ

信じようとしないゴート

グレアムは先日の手術を執刀したのは自分ではなくエリーゼだと説明する。

ゴートはグレアムがふざけた冗談を言っていると思い「状況を考えてものを言わぬか!失礼極まりない!」を怒りをみせる。

ベン卿も「グレアム・・正直に話してくれぬか?」と言うがグレアムは曇りない目で「何一つ嘘はございません。私はただ補助の役割に過ぎず手術は全てこの少女が行いました」と答えたのだ。

衝撃すぎて部屋の中は静まり返ってしまう。

正直に答えるエリーゼ

ベン卿はエリーゼ本人にも真偽を確認する。

ベン卿「君がひ臓摘出手術をしたというのはまことか?」

答えに困ってしまうエリーゼ。

エリーゼ『やっぱり少しやりすぎたんだわ・・見習いがひ臓摘出手術なんて・・・』

だがエリーゼはすぐに『緊急患者を前に実力を隠すなんて私には出来ない。患者を助けることが何よりも大事なの』と思い直した。

さらに今回の執刀をしたのが自分だということが公になれば陛下との賭けにも有利に働く可能性があることも考慮したのだ。

そしてエリーゼは「はい!私がひ臓摘出手術を行いました!」と答えたのであった。

ベン卿は驚きながら「ではあの報告書も君が・・?」と尋ねる。

エリーゼ「はい、私が書きました。」

どうしても信じられないゴートはエリーゼにどのように手術したのか説明を求める。

それに対してもエリーゼは丁寧かつ的確に説明したのだ。

エリーゼの才能

説明を聞いた院長とベン卿は唖然としてしまう。

ベン卿『まるでアカデミー時代、、師匠から説明をうけているようだ・・』

さらにグレアムが「全て本当のことにございます。何一つ嘘はありません。」と後押しし、ゴートも信じざるを得なくなった。

ベン卿はさらにどのようにしてこんな高度な技術を習得したか尋ねる。

前世で外科医だったとも言えないエリーゼはどう誤魔化そうか迷ってしまう。

そこでエリーゼはひ臓摘出手術は以前から頭の中で考えていた手術だったと説明したのだ。

エリーゼ「昔から医者になりたいという一心で様々な本をもとに勉強してきました。本を読みながらもっと良い治療法があるのではと考えるようになり、私は様々な空想をするようになりました。」

エリーゼの話を聞いたゴートは『本だけで手術を成功させたというのか??』と驚いてしまう。

そしてゴートはエリーゼに対しフレミングやグラハム伯爵に匹敵する才能を感じ取ったのであった。

ベン卿の勧誘

それにグレアムも「ローゼは私が今まで出会ったどんな医者よりも才能に溢れ実力を持ってますから。すでに私を凌ぐ実力を持ってます」と素直にエリーゼの才能を評価する。

滅多に人を褒めないグレアムがエリーゼを評価していることから全てが真実だと確信したベン卿。

するとベン卿は「ローゼ・・・ここではなく我が皇室十字病院で働く気はないか?」と勧誘してきたのだ。

⇨24話のネタバレはこちら

⇨26話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク