絶望の楽園 25話 ネタバレ




登場キャラ

芦屋透

17歳の高校生。
罪を受ける澪を庇おうとする。

隼人

後継者の1人。
年は透と同じくらいの青年。
世の人間を全て配下に置くため、師父の座を狙っている。

鵜飼太一

後継者の1人。
気弱な小学生。

世良達海

後継者の1人。
不気味で何を考えているか分からない神父。
人心掌握に長けている。

小鳥遊秋人

透と同じように拉致され教会信者として地下に幽閉された30代くらいの男。
透と一緒に本殿からの脱出を目論む。

雪野澪

16歳の女性信者。
一回死んでしまったが、師父の奇跡の力によって生き返った。

神宮寺良馬

後継者の1人。
大企業Insterの社長。
ゴシップ業界ではないかと黒い噂が絶えない男。
川辺で死体で発見される。

八代京子

日照雨の会の幹部的ポジション。
透を誘拐してきた張本人。


スポンサードリンク


25話 ネタバレ

突然現れた太一

突然聖域に入ってきた太一。

太一「透お兄ちゃーん。どこー?頼まれてたお願いごと・・ちゃんとやってきたよー。」

すぐに透達は身を隠した。

そして太一が「わっ!見ーつけた!!」と振り返ったそこには・・・誰もいなかった。

太一はそのまま足元をすり抜けいったネズミに怯え、聖域を走り去って行ったのだった。

太一の不審な点

隠れていた透達は顔を出す。

秋人が「隠れる必要あったんですか?」と尋ねると透は太一に対しいくつかの不審な点を感じてると説明する。

「ここに来る時夜伽中の太一を見たんだけど・・相手をしていた女性から蜜の甘い香りがした。それなのに太一は自分からキスしてたんだ。それに来月プールの授業があると言っていた。でも今はもう夏休みも終わってる・・・」

すると横から隼人が「その程度で疑ってんのかよ。で、アイツに何頼んだ?」と聞いてくる。

透は太一に信者が集まっている部屋に行って裏投票の動きを探るようお願いしていたのだ。

檻に入れられる隼人

澪が「そろそろ戻らないと怪しまれないかな?」と言ったことで、皆一旦聖域を後にしようとする。

隼人「そうだな。ここは慎重に行くべきだ。1度戻ろうぜ!!」

隼人がそう言うと透と秋人は「・・お前はこっちだ!!」と隼人の肩を掴み、檻にぶち込んだのだった。

隼人「うそぉぉぉぉぉ!?」

洗脳

とりあえず隼人がいないことを教団に怪しまれる前に、師父の部屋の鍵を見つけることで一致団結した透達。

すると世良が「まぁ頑張って下さい。私はここから脱出する気はないので」と言って立ち去ろうとする。

去り際に世良は「透君・・後継者は師父を継ぎたい者と脱出したい者の2パターンしかないと思っているでしょう?」と問いかけてくる。

透「だってろうだろ!?俺以外なくないか?」

世良「拉致されてきたのが普通の人間ならね。だが・・私達はあの師父の息子・・宗教が身に絡みながら複雑に育ってきた人間です」

そして最後に世良は「早く自分が洗脳されていることに気づかないと手遅れになりますよ」と忠告してきたのだった。

その忠告に透は『俺が洗脳されている!?誰に?何処でだ?』と疑心暗鬼になってしまうのだった。

裏投票の実態

聖域から出ると外は騒然としていた。

なんと神宮寺の死体が発見されたのだ。

京子「どこで死体を見つけたの?」

幹部「樹海の中の崖下だ!」

さらに死体の首を見ると何者かに頸動脈を切られた跡があった。

動揺した透は「お前ら以外誰が神宮寺を殺すって言うんだよ!?」と京子に詰め寄る。

「試験に落ちた後継者を殺したり、コソコソと信者に裏投票をさせていたお前らが殺したとしか考えられねーだろ!?」

すると京子は急に黙りだした。

そして京子は困惑した表情で「裏投票って・・・何?私そんな指示出してないけど」と答えたのだ。


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク