年の差婚 24話 ネタバレ





スポンサードリンク


⇨23話のネタバレはこちら

主要キャラ

花里舞衣子

本作の主人公。
はとこの理音と再会する。
理音とは昔から仲が良い。

花里晴海

舞衣子の旦那。
44歳のバツイチ。
舞衣子を狙う理音をマークする。

理音

舞衣子のはとこ。
料理教室も経営している。
完全に晴海に逆恨みしている。


スポンサードリンク


24話 ネタバレ

態度を一変させる理音

理音「オレはあんたを認めない。あんたに舞衣子は勿体ない!絶対に別れさせてやるからな!!」

晴海は『すごい自信だな・・』とポカーンとしてしまう。

だが舞衣子が戻ってきた途端に「なーんてね。仲良くしてね。晴海さん。」と態度を一変させてきたのだ。

どうやら探しに行った歯ブラシが見当たらなかったらしいのだが、理音は「ごっめ~ん。俺持ってたわ。」とヘラヘラと笑いだした。

突然の誘い

すると理音は「晴海さん。今度サッカーの試合見に行きませんか?」と誘ってきた。

何か企んでいるのは見え見えだが晴海はとりあえず話を合わせる。

理音「サッカー好きって聞いたから」

晴海「テレビで試合を見る程度だけど」

理音「ミラノいた時よく見に行ってたんですよねー」

晴海「どっち?ミラン?インテル?」

そんな楽しそうに話してる2人を見て舞衣子も微笑ましくなったのだった。

嬉しくなる舞衣子

就寝時、ベッドの上で舞衣子は「さすが晴海さん」と褒めちぎってくる。

人付き合いが苦手な理音が自分からサッカーを誘ったことに舞衣子は感動していたのだ。

とにかく理音は舞衣子にとって家族同然の大切な存在であった。

それ故に理音と晴海が仲良くなってくれたことが本当に嬉しかったのだ。

晴海も舞衣子の気持ちは十分に理解していたのだが、どうしても理音に対して不信感を拭えないでいた。

晴海『舞衣子さんの大切な家族ならオレだって大切にしたいが、なにを考えているのか分からなすぎて本当に仲良くなれるかどうか・・・』

それにオッサンと連呼され続けているのも少し傷ついているようだ。

晴海が「そういえば理音くんっていくつ?」と尋ねると舞衣子は「22歳です」と答える。

それを聞いて晴海は『オレの半分!!』とさらにショック受けてしまうのだった。

晴海『自分の子供でもおかしくない年齢か・・そりゃオッサン連呼するわ!』

ありがたい存在

そんなことを考えていると次第に眉間にシワをよせてしまう晴海。

すると舞衣子が眉を掴んできたのだ。

舞衣子「すみません。眉間にシワが寄ってたので思わず」

舞衣子は晴海に「何か悩みごとですか?」と尋ねてくる。

晴海「いや、つまらないことだから」

舞衣子「つまらないことなら聞いてみたいんですがダメですか?」

晴海「え?つまらないんだよ?」

舞衣子「晴海さんの思うつまらないことがなんなのか知りたい」

すると晴海はクスっと笑いだした。

そんなに親身になってくれる舞衣子が愛おしくなったようだ。

そして晴海は「ちょっとだけこうしててもいい?」と舞衣子をギュッと抱きしめたのだ。

舞衣子も嬉しくなり「ふふふっ♡」と笑みを浮かべる。

さらに晴海は「ありがとう」と感謝を伝える。

晴海「舞子さんは「いつもお話聞きましょうか?」と言ってくれるよね」

晴海は今まで1人でいる時間が長かった為、誰かに相談したり話を聞いてもらうことがあまりなく、こうして親身になってくれる舞衣子にとても感謝していたのだ。

晴海「舞衣子さんといると色んなことに気づくんだよ。そんがなんか嬉しくなるんだよなぁ」

そして晴海は自分たちを別れさせようとしている理音に対しても『舞衣子さんを大事に思ってることを伝えるしかないな』と決意したのであった。

衝撃の相談

翌日、早朝のランニングを終えた晴海。

理音が起きないように声を潜める晴海であったが舞衣子曰くランニング中に理音は既に帰宅したようだ。

そして舞衣子は衝撃の相談をしてきたのだ。

舞衣子「理音をしばらくウチに居候させてもいいですか?」

晴海『え?』

⇨23話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク