復讐の毒鼓2 13話 ネタバレ




⇨12話のネタバレはこちら

⇨14話のネタバレはこちら

登場キャラ

神山勇

本作の主人公。
双子の兄の秀を殺したナンバーズをたった1人で崩壊させた伝説の不良。
毒鼓という異名を持つ。
母親を安心させる為、洸徳高校に通っている。

早乙女尚

早乙女零の兄。
職業は弁護士。
新しく設立される洸徳高校の理事長も務める。
勇の父親をひき逃げで殺した過去がある。

白戸智基

南宗高校のトップ。
高校を退学になった後も西北高連を牛耳ろうとしている。
洸徳高校では勇と同じクラス。

風間愛

高校時代、勇と一緒に飛躍した(元)伝説の不良。
俊敏な動きを得意とする。
大検を取得し、大学に進学する。

江上百々

泰山高校時の秀の同級生。
ナンバーズの事件の際は、勇を影からサポートしていた。

正義

南宗の2年。
白戸の言いなりの立場を装うが、実際は白戸を潰す機会を虎視眈々とうかがっている。

渡辺達也

共律高校のトップ。
西北高連には興味がなく、参加することもなければ会費も払っていない。

増田弘毅

白戸と入れ違いで南宗高校に転校した2年生。
一瞬で南宗のトップに君臨してしまう。

片岡拓

菅沢高校のトップ。
西北高連にも所属している。

木下千圭子

泰山高校のナンバーズで副会長を務めていた女。
だが実際は当時付き合っていた秀に協力する為、スパイとして潜りこんでいた。
ナンバーズの全滅にも一役買った人物の1人。


スポンサードリンク


13話 ネタバレ

キャンパスでの遭遇

日谷大学に通う愛。

するとキャンパスでとある知り合いに遭遇した。

江上百々だ。

百々「ここに通ってたんですね。」

愛「あ、はい。」

百々「何学部ですか?」

愛「経営です。」

受講科目などたわいない話をする2人。

そして百々が「私達も友達になる?」と言うと愛も「あ・・うん。」と即答した。

お互い大学に知り合いがおらず少し心細かったようで、2人はすぐに意気投合したのであった。

早乙女による指示

勇が部屋を出た後、早乙女は次に白戸を理事室に呼び出した。

早乙女は白戸にあまり目立ち過ぎずゆっくり勇を仕留めるよう指示をだす。

早乙女「ゆっくり殺せと言ってるんだ。3か月もある。もし何かあれば僕がカバーする。」

今まで力だけで相手をねじ伏せてきた白戸は早乙女の指示を理解出来ないでいた。

そして「どうしてわざわざそんな面倒なやり方するんですか?俺が1回ぶん殴れば済む話なのに」と疑問を投げかけると早乙女は「自ら崩れ堕ちさせることが重要なんだ。それが君のためにもなる。」と答えた。

自分の為と知り「ありがとうございます」と感謝を伝える白戸。

早乙女「そんだ。分かってくれたかい?当分は僕に注意されて大人しくしてることにしてくれ。」

行われていた密会

その頃、正義と増田の声かけにより共律の渡辺と菅沢の片岡の4人による密会が行われていた。

片岡と渡辺を呼び出した増田と正義の目的は三位一体の襲撃と白戸を潰すことであった。

*三位一体は紀星高校が中心として結成した連合サークル

増田「三位一体を潰すのに白戸を利用する。その後白戸はぶっ潰す。」

片岡が「去年やりあったけどハンパねぇぞアイツ(白戸)」と注意を促すと正義は「みんなでやったらいけるだろ」と答える。

するとそれに対し渡辺が「ま・・もしアレだったら俺1人でやってもいいけどな」と余裕をかもし出した。

正義はそんな渡辺に「オメーは見たことねぇからそんなこと言えんだよ。」と言うも、渡辺は「お前らも俺が喧嘩してるの見たことねぇだろ。」と少しキレだした。

実力の証明

そして渡辺は自分の実力を証明する為にとある人物を利用すると言い出したのだ。

渡辺「お前ら毒鼓って知らねぇか?」

その名前を聞いて他の3人も少し動揺をみせる。

正義「その名前は聞いたことあるけどさー、こっちの学区じゃねぇだろ?」

だが渡辺は既に毒鼓(勇)の所在について手がかりを掴んでいたのだ。

数日前の下校中、渡辺はたまたま毒鼓の名前を言いふらす大雅とヤスの話し声を目撃したのだ。

渡辺「毒鼓を潰したら白戸も潰せるってことだよな?」

もし渡辺が毒鼓(勇)以上の実力であれはわざわざ白戸を使って三位一体を潰す必要がなくなるので他のメンバーも渡辺の意見に賛同したのであった。

本当の強さ

その日の晩、勇は木下と会っていた。

落ち込んでいる様子の勇に対し木下は「なんか疲れてる?学校大変なの?」と尋ねる。

「秀みたいに大人しく生活するのがどうもな・・」と胸の内を明かすと胸の内を明かす勇。

すると木下はその勇の発言に怒りだした。

木下「アンタ秀のことしらないの?秀がただ大人しくしてた訳ないでしょ!!秀と同じ顔でふざけたこと言うな!!」

持っていた紙袋を投げ、睨みつけてくる木下。

その時の勇にはまだ分からなかった。

自らの命を惜しまずに悪に抗うことが本当の強さだということが・・・

⇨12話のネタバレはこちら

⇨14話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク