秘密のビデオ喫茶 12話 ネタバレ




⇨11話のネタバレはこちら

⇨13話のネタバレはこちら

登場キャラ

荻野翼

駐屯地で働く大柄な男。
鈴音自殺に関わったとして調査された6人のうちの1人。

黒岩

軍隊時代の萩野の同期。
真面目な性格からか近藤にイジメられてしまう。

近藤

軍隊時代の萩野の先輩。
軍隊長を務める。

萩野と同じ大学に通う女。
河川敷で変質者に襲われていたところを萩野に助けてもらう。

高橋実

秘密のビデオ喫茶の受付係。
鈴音の自殺に裏があると思い、調査に乗り出す。

佳代

デリバリーサロンで働く 20代くらいの女性。
実の復讐に付き合う。

鈴音

秘密のビデオ喫茶で勤務していた女性。
だがある日首を吊って自殺しているのを発見される。
言葉は一切発せず、なぜか秘密のベルにだけ反応する。


スポンサードリンク


12話 ネタバレ

1つでいいんだぜ(萩野過去編)

ある日の晩、黒岩は萩野と食事をしながらとあることを尋ねていた。

黒岩「本当に近藤隊長が言ったのか?楓と寝たって・・・」

その問いに対し萩野は「あぁ俺もまさかとは思ったが隊長が言ってた女の名前と学校、それから外見の特徴ももろかぶってる。」と答える。

そして黒岩は「俺先行くよ」とまだ手もつけてないインスタントラーメンを残して立ち去って行ったのだ。

萩野は「ラーメンどうすんたよ?俺2つも食えねぇぞ」と呼び止める。

それでも歩みを止めない黒岩を見て萩野は「俺はどっちか1つでいいんだぜ・・」とニヤリと笑ったのであった。

デマを流す荻野(萩野過去編)

翌日の夕方、次に萩野が接触したのは近藤であった。

そこで萩野は近藤に「俺も聞いた話なんですが・・あいつここに来る前、男とも付き合ってたらしいんですよ。」とデマの情報を流したのだ。

近藤も「くぁ~やっぱりか!!それで??」と最高の反応をみせる。

萩野「まぁまぁ衝撃的な話なんですけど・・・黒いビニールの話なんですけどね、黒岩は胃腸が弱いらしくて・・・」

自殺した黒岩(萩野過去編)

翌朝、黒岩はトイレで首を吊った状態で発見された。

それも近藤を殺した後で・・・

黒岩の死体を見ながら萩野は「どっちか片方でも消えてくれりゃあここでの生活もちったぁマシになるとおもったんだが・・・とりあえず感謝するぜ・・」と独り言を呟く。

たまたまトイレに来た軍の先輩は黒岩の死体を見て「お・・荻野・・あ・・あれ・・」と腰をぬかした。

荻野「黒岩ですよ。近藤隊長は相当ヤバいでしょうね・・・」

荻野の指導(萩野過去編)

それ以降、荻野は後輩が入隊してくる度に黒岩が自殺したトイレに連れていき、首吊り痕を見せていた。

荻野「おい、高橋。なんであそこだけひん曲がってるのか教えてやろうか?」

高橋(後輩)「いえ、大丈夫です!」

荻野「いいか、俺は人様に迷惑をかけるやつが1番嫌いなんだ。十分気をつけてくれよ。ここで首吊って死んだ俺の同期みたいになりたくなかったらな。」

さらなる荻野の本性

実から荻野の過去を聞かされた佳代は「自殺って・・荻野が殺したようなもんじゃない」と憤りを見せる。

実も鈴音が首を吊った状態で発見された時、真っ先に頭をよぎったのが荻野だったという。

実はさらに「それからあいつのことを調べてるうちに分かったんだ。アイツが悪魔だってこと。」と荻野の過去を話し続けたのだ。

心当たり(萩野過去編)

黒岩の自殺から1年ほど経った頃、荻野は数日間の休暇を過ごしていた。

なかなか予定が埋まらない荻野はタクシーで移動中、見覚えのある場所を通っていることに気がつく。

すぐに荻野は運転手に「おっさん!この辺で降ろしてくれ!」と指示を出す。

そこは市内からも外れた閑静な街であった。

タクシーから降りた荻野は『もしかしたら・・』とそのまま心当たりのある場所へ足を運んだ。

1年ぶりの再会(萩野過去編)

その頃、黒岩の元カノである楓はちょうど自宅に帰るところであった。

階段をのぼり、部屋がある階へ到着すると・・・なんとそこに荻野が待っていたのだ。

荻野「まだここに住んでたのか。元気だったか?」

楓「はい・・お久しぶりです・・」

⇨11話のネタバレはこちら

⇨13話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク