復讐の毒鼓2 17話 ネタバレ




⇨16話のネタバレはこちら

⇨18話のネタバレはこちら

登場キャラ

神山勇

本作の主人公。
双子の兄の秀を殺したナンバーズをたった1人で崩壊させた伝説の不良。
毒鼓という異名を持つ。
母親を安心させる為、洸徳高校に通っている。

太樹

勇の中学時代からの仲間。
お金がない為、いつも昼飯を誰かにたかっている。

ヤス

勇の中学時代からの仲間。
金髪長髪の見るからにヤンキーの風貌を兼ね備える。
そろそろ実家の農業を継ごうか検討している。

江沢正広

勇や太樹たちの知り合い。
昔の悪事を反省し、今はボランティアに勤しんでいる。

亜梨沙

江沢が勤務しているボランティア施設にいる女の子。
目が見えなく足も動かない為、車椅子生活を余儀なくされている。

白戸智基

元南宗高校のトップ。
高校を退学になった後も西北高連を牛耳ろうとしている。
洸徳高校では勇と同じクラス。

中沢正義

南宗の2年。
白戸の言いなりの立場を装うが、実際は白戸を潰す機会を虎視眈々とうかがっている。

渡辺達也

共律高校のトップ。
西北高連には興味がなく、参加することもなければ会費も払っていない。
自分の実力を証明する為に、毒鼓(勇)を探している。

増田弘毅

白戸と入れ違いで南宗高校に転校した2年生。
一瞬で南宗のトップに君臨してしまう。

片岡拓

菅沢高校のトップ。
西北高連にも所属している。

諏訪徹

紀星高校のトップ。
一度浜田ジョーが解散させた紀星高校の不良集団を再集結させた。
同時に三位一体の頭を張っている。

角祐也

東場高校のトップ。
三位一体に所属している。

中悠之介

西舘高校のトップ。
三位一体に所属している。


スポンサードリンク


17話 ネタバレ

車椅子生活の亜梨沙

江沢から亜梨沙を紹介された勇とヤスと太樹。

車椅子に座った亜梨沙は「こんにちは」と挨拶してくる。

勇達が「こんにちは」と挨拶し返すと亜梨沙は焦点を合わさず「初めまして」返したのだ。

江沢は「先に言っとくが亜梨沙は目が見えない。」と説明する。

亜梨沙自身も「はい、昔事故にあって立つことも出来ません」と体が動かないことを伝える。

それを知った3人は気まずい様子を見せる。

亜梨沙はふと「日曜なのにアニキは来ないんですか?」と江沢に尋ねた。

それに対し江沢は「本当だな。今日は来ないんだな。」と答え、太樹もそれに便乗し「アニキ?俺達がいるじゃねーか」と話を和ませたのであった。

決闘

その頃、増田、片岡、正義、渡辺、白戸の5人は三位一体を潰すため紀星高校の諏訪、東葉の角、西舘の中の3人を決闘に呼び出していた。

「テメーら多いだろ。こっちは3人なのに!」とさっそくヤジってくる浜田。

正義は自分と怪我をしている渡辺は参加せず、決闘には白戸、増田、片岡の3人が参加することを説明する。

正義「ローテーション戦だ。条件は1つ。負けたら西北高連にまた属すること!

すると角も自分たちが勝った時の条件として300万を要求したのだ。

話がまとまったところでさっそく白戸が「俺が全員ぶちのめしてやるから1人ずつかかってこい!」と先陣をきる。

一方の三位一体は諏訪が「あのブタは俺が潰す!」と先陣をきった。

諏訪VS白戸

まず諏訪が持ち前のスピードで白戸の顔面に拳を入れる。

しかし白戸はダメージを受ける様子も一切なく、すかさずカウンターを仕掛けてきた。

攻撃をかわしながら諏訪は『脳筋タイプか!力だけで勝負する馬鹿だな』と分析する。

そして隙をついた諏訪は白戸と懐に入り、関節技を仕掛けたのだ。

白戸の腕を両手で掴む諏訪。

だが白戸はビクともしなかったのだ。

関節技は効かないと見た諏訪はすかさず拳での攻撃にスイッチする。

しかしその拳も白戸の硬すぎる身体には届かなかった。

そして今度は白戸は諏訪の胸ぐらを掴み、そのまま投げ飛ばしたのであった。

投げ飛ばされた諏訪は「うあぁぁぁ」ともがき苦しむ。

白戸「そんなもんで偉そうに言ってたのか?」

するとスタンバイしていた角と中の2人が攻撃を仕掛けてきたのだ。

⇨16話のネタバレはこちら

⇨18話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク