復讐の毒鼓2 18話 ネタバレ




⇨17話のネタバレはこちら

⇨19話のネタバレはこちら

登場キャラ

神山勇

本作の主人公。
双子の兄の秀を殺したナンバーズをたった1人で崩壊させた伝説の不良。
毒鼓という異名を持つ。
母親を安心させる為、洸徳高校に通っている。

江沢正広

勇や太樹たちの知り合い。
昔の悪事を反省し、今はボランティアに勤しんでいる。

亜梨沙

江沢が勤務しているボランティア施設にいる女の子。
目が見えなく足も動かない為、車椅子生活を余儀なくされている。

白戸智基

元南宗高校のトップ。
高校を退学になった後も西北高連を牛耳ろうとしている。
洸徳高校では勇と同じクラス。

中沢正義

南宗の2年。
白戸の言いなりの立場を装うが、実際は白戸を潰す機会を虎視眈々とうかがっている。

渡辺達也

共律高校のトップ。
西北高連には興味がなく、参加することもなければ会費も払っていない。
自分の実力を証明する為に、毒鼓(勇)を探している。

増田弘毅

白戸と入れ違いで南宗高校に転校した2年生。
一瞬で南宗のトップに君臨してしまう。

片岡拓

菅沢高校のトップ。
西北高連にも所属している。

諏訪徹

紀星高校のトップ。
一度浜田ジョーが解散させた紀星高校の不良集団を再集結させた。
同時に三位一体の頭を張っている。

角祐也

東場高校のトップ。
三位一体に所属している。

中悠之介

西舘高校のトップ。
三位一体に所属している。


スポンサードリンク


18話 ネタバレ

2対1

2人がかりで攻撃を仕掛けてきた角と中。

正義が「ローテーションだろ!!なんで2人で出てくんだよ!!」とキレるも当の白戸は「別に構わねえよ!」と余裕をみせる。

さっそく白戸は角に殴りかかった。

ギリギリのところで攻撃をかわした角。

すると後ろにいた中が角の肩に跨り、そのまま白戸の顔面に懇親の膝蹴りをお見舞いしたのだ。

亜梨沙の兄

その頃、場所を移した勇と江沢は公園のベンチに腰をかけながら雑談していた。

勇は「ずっとこの仕事(ボランティア)を続けるのか?」と江沢に尋ねる。

江沢「ボランティアをしてるとな過去に自分が犯した過ちや悪事が少しずつ洗われてくるような気になるんだよ」

勇はさらにさっき江沢が言っていた亜梨沙の兄について尋ねる。

それに対し「(亜梨沙と)血は繋がってないけどな。施設で一緒に育ったヤツだ。だがその家に実の子が産まれて捨てられちまった。」と答える江沢。

どうやら亜梨沙の兄は家族に捨てられて以降、周りから金を巻き上げるなど悪行が目立っているらしいのだ。

さらには高校でも人を1人殺して退学になり、現在は洸徳高校に通っているそうなのだ。

洸徳と聞いて勇も驚きをみせる。

勇「名前は?」

江沢「そういえばお前も洸徳か、もしかしたら知り合いかもしれないな・・・白戸智基

勇「白戸智基?」

江沢「知り合いか?」

「いや、違うクラスかもな。」

江沢「問題ばっか起こすから亜梨沙に言われたんだよ。頼むから高校だけは問題起こさずちゃんと卒業してくれってな」

白戸の反撃

懇親の膝蹴りを食らった白戸は少し身体をグラつかせる。

初めて劣勢に立たされる白戸を見て正義達も「蹴りは拳の3倍の衝撃らしいが、まさか・・・」と不安を募らせる。

一気に畳かけようとする角はさらにもう1発飛び蹴りを仕掛ける。

しかし白戸に同じ攻撃は2度も通じず、角の蹴りは白戸の肩で防がれてしまう。

空中で体重を崩した角はそのまま白戸の拳を顔面にもろにお見舞いされてしまう。

そのまま地面に伏せてしまった角。

「ちょっと効いた分ムカつくなぁ」と中を睨みつける白戸。

そして殴りかかってき中も白戸は1発のカウンターで仕留めたのであった。

⇨17話のネタバレはこちら

⇨19話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク