復讐の毒鼓2 20話 ネタバレ




⇨19話のネタバレはこちら

⇨21話のネタバレはこちら

⇨22話のネタバレはこちら

⇨23話のネタバレはこちら

⇨24話のネタバレはこちら

⇨25話のネタバレはこちら

⇨26話のネタバレはこちら

⇨27話のネタバレはこちら

⇨28話のネタバレはこちら

⇨29話のネタバレはこちら

⇨30話のネタバレはこちら

*31話以降のネタバレは30話ネタバレページのリンクからお進み下さい

登場キャラ

早乙女尚

早乙女零の兄。
職業は弁護士。
新しく設立される洸徳高校の理事長も務める。
勇の父親をひき逃げで殺した過去がある。

大智

洸徳高校を束ねる財団のトップの孫。
貧乏人を見下している。


スポンサードリンク


20話 ネタバレ

密会

ホテルの一室に向かう早乙女。

部屋に入ると(洸徳高校を束ねる)財団のトップの孫である大智が待っていた。

大智の周りには金で呼び出した数人の美女もいた。

大智「おう、来たか」

早乙女「何の用だ?」

大智「お前も仕事大変だろうし、パーっとパーティだよ」

早乙女「別に何もしてないよ。それよりここ煙草吸っていいのか?」

大智「あぁこれか?これ煙草じゃないもん」

早乙女「大麻か・・そんなん引っかかったら揉み消してやれないぞ」

大智は女の1人に早乙女の横につくよう指示する。

女「どーも失礼します」

早乙女「なんだ?この子達は?」

大智「何って金払ったら来てくれる子達だろ。この子ら呼ぶために使った金ってウチの会社の社員の給料より高いからな」

貧乏人

すると大智が早乙女にとある質問をしだした。

大智「(貧乏人を)どうやって見分けるか知ってるか?」

早乙女「いや」

大智「会う度に自分の近況より政治の話ばっかりしたりSNSにガキの写真ばっか載せたりするやついるだろ?自分の未来には希望が持てないから子供の自慢ばっかり、親バカだから自分の子が本当に可愛いと信じ込んでいる。」

さらに大智は「そういう奴らの特徴知ってっか?」と問いかける。

早乙女「さぁ?実は金に目がないとか?」

大智「いや、誰よりも正義感が強いフリして本当はズルいってことだ」

事実、大智の知り合いにも11坪の店を経営しているにも関わらず税金を安く抑えたいからという理由で4坪で申請している人間がいると言う。

それに関しては早乙女も「そいう類の話なら俺も腐るほど知ってる」と同調する。

なぜなら早乙女も多くの貧乏人が少しでも自分に有利になるようにセコいことを働いているのを何度も見てきたからだ。

善人の潰し方

早乙女「そういう奴らに限って世間に対して文句ばかり」

大智「なぁ尚、そういう底辺はどう対処すればいいんだ?最近会社の労働組合のある組合のせいで困ってんだよ。」

そんな大智の悩みに対し早乙女は「権力を持たせて金を持たせればいいんだ。」と一言アドバイスした。

大智「もし言うことを聞かなかったら?」

それに対しても早乙女は「そういう時はそいつより格下の奴に力を持たせるんだよ」と答える。

早乙女「そいつの身の回りの奴に力を持たせて潰せばいい。周りが力を持てば勝手に崩れていく。そういう奴は信じてた仲間や同僚が背を向けた時、持ち直せない。」

アドバイスを受けた大智も「お前に話を聞いといて良かったわ」と満足気な表情をみせる。

すると女の1人が「でももしかしたら邪魔が入るかもよ?」と言い出した。

それに対しても早乙女は余裕の回答をみせた。

早乙女「もし邪魔が入ったとしたら、その邪魔者も排除しないとな!」

白戸を脅す勇

いつもの様に学校で白戸から「オイ!牛乳買ってこい!」と命令される勇。

頭を叩かれ勇は白戸を睨み返す。

そして勇は「亜梨沙に会った」と先日亜梨沙と撮った写真を白戸に見せつけたのだ。

「ずっとこう出るなら亜梨沙に言うぞ!」

白戸は「テ・・テメー・・」と気まずそうな表情を浮かべたのだった。

⇨19話のネタバレはこちら

⇨21話のネタバレはこちら

⇨22話のネタバレはこちら

⇨23話のネタバレはこちら

⇨24話のネタバレはこちら

⇨25話のネタバレはこちら

⇨26話のネタバレはこちら

⇨27話のネタバレはこちら

⇨28話のネタバレはこちら

⇨29話のネタバレはこちら

⇨30話のネタバレはこちら

*31話以降のネタバレは30話ネタバレページのリンクからお進み下さい


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク