復讐の毒鼓2 23話 ネタバレ




⇨22話のネタバレはこちら

⇨24話のネタバレはこちら

登場キャラ

神山勇

本作の主人公。
双子の兄の秀を殺したナンバーズをたった1人で崩壊させた伝説の不良。
毒鼓という異名を持つ。
母親を安心させる為、洸徳高校に通っている。

高瀬千里

洸徳高校に通う勇のクラスメイト。
勇に対して片思いしている。

一条元

洸徳高校に通う元不良。
泰山高校時代はナンバーズのNo.1として君臨していた。

角祐也

東場高校のトップ。
三位一体に所属している。

日村

東場高校のNo.2。
角に比べ若干の冷静さを兼ね備えている。


スポンサードリンク


23話 ネタバレ

絡まれる一条

東葉高の制服を着た不良2人から絡まれた一条。

一条「寝ぼけたこと言ってねーでさっさと失せろ。」

不良「俺らのことそんな扱いしたらマズいと思いますけど?歳の数だけブン殴られますよ?」

一条「誰が誰に殴られるって?」

すると不良の1人が一条に殴りかかった。

だが一条はそれよりも素早い攻撃でカウンターを浴びせてしまう。

もう1人の不良に「連れてとっとと失せろ!」と忠告する一条であったが、忠告を無視したもう1人も「死ねぇ!クソ野郎」と殴りかかってきた。

一条はもう1人の不良も一瞬でのしてしまったのであった。

東葉高校のメンツ

東葉の不良2人がやられたことはすぐに東葉No.2である日村からトップである角へと伝わった。

日村「洸徳の奴にやられたとよ。どーするよ?」

角「そもそも洸徳って名前は高校だけどちゃんとした高校どころかゴミ溜めだろ?」

日村「重要なのは俺らがやられたって事実だ。西北高連統一して最初の会費すらまだなのにこれじゃヤバいだろ」

事の重大さを察知した角はすぐに「今日の放課後全員集めろ!」と日村に指示したのだった。

誘われるデート

その頃、勇はクラスで後ろの席の千里からデートに誘われていた。

千里「週末映画行かない?」

その誘いを勇は「日曜日はいつもボランティアだ。」とやんわり断ろうとする。

千里も「じゃあ土曜日」と引き下がろうとしないが、それも「お袋に会いにいく。それに金もない。」と断ってしまう勇。

それに対し千里は「(金が)なかったらないなりに遊べば良いんだから。見てるとその日暮らしっぽいけど些細な日常を楽しむのよ。」とアドバイスしてくる。

どうやら勇がかなりの貧乏なのは既に見抜かれていたようだ。

千里「ど?日常を一緒に楽しむの。オッケー?」

勇「・・・」

怒る角

東葉の不良全員を屋上に集めた角。

まず角は今朝一条にやられた不良2人を全員の前で晒し者にした。

2人に腕立て伏せさせると角は木刀で2人を叩きつける。

角「殴られて、面子潰してんだよ!!」

西北高連に加入直後という大事な時期に面子を潰されたことに角は大激怒していた。

誰にやられたか角が聞くも何の情報も得られないままやられてしまった2人は答えることが出来ない。

腹を立てた角はさらに2人を叩きつける。

日村が「もう勘弁してやれよ」と止めに入ったことでなんとかその場は収まった。

そして角は「明日の昼までにソイツの名前調べてこい!」と2人に命令したのだ。

日村が「(調べて)どうするつもりだ?」と尋ねると角は「どうするってぶっ潰すんだよ!」と答えたのであった。

⇨22話のネタバレはこちら

⇨24話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク