外科医エリーゼ 39話 ネタバレ




⇨38話のネタバレはこちら

⇨40話のネタバレはこちら

登場キャラ

エリーゼ・ド・クロレンス(高本葵)

本作の主人公。
医者になる為、テレサ病院でローザという名で研修を受けている。
ハーバー公爵夫人を助ける為、切開手術を行ったがそれが物議を呼び百院をいう棟に監獄されている。

リンデン(ロン)

ブリチア帝国の皇太子殿下。
エリーゼの婚約者。
2年前に起きたアンジェリー戦争の英雄とされている。
エリーゼの前では変装したロンとして現れる。


スポンサードリンク


39話 ネタバレ

不安が残るテスト

無事試験を終えたエリーゼ。

エリーゼ『やっと終わった。さすがに8時間は疲れるわね・・』

エリーゼはテストの出来を心配してしまう。

なぜならこの世界ではまだ許可されていない医療に関しての問題がどう処理されるか分からないからだ。

今後正しいと解明される医療であっても、この世界の現時点ではまだまだ理解されていない医療も多くある。

その類の問題を全て落としてしまうと合格点に届かない為、エリーゼは少し不安を抱えていたのだ。

もし医者になれず、リンデンと結婚した時のことを考え、エリーゼはゾッとしてしまう。

なぜなら前世でのエリーゼはリンデンに冷たい態度をとられ続け、苦痛の日々を送っていたからだ。

エリーゼ『だったらいっそこの国から抜け出して違う場所で一緒になってみせるわ』

会いに来たロン

するとロンの姿に変装したリンデンが現れた。

リンデン(ロン)「試験は無事終わったか?」

エリーゼは珍しい来客に驚いてしまう。

エリーゼが用件を尋ねるとリンデン(ロン)は「今日はそなたに会いに来た」と答えたのだ。

顔を赤くするエリーゼ。

どうやらリンデン(ロン)は以前友人のランドルを助けてもらった時の借りを返しに来たらしい。

*29話参照

リンデンは改めて「今日は試験だったと聞いていたがうまくいったか?」と聞いてくる。

それに対し手応えがなかったエリーゼは不安な表情を浮かべてしまう。

その表情を見たリンデン(ロン)は『私との結婚がそんなに嫌なのか?』と少しだけショックを受けてしまったのだった。

居心地の良さ

お礼をしたいリンデン(ロン)はエリーゼを「ついてこい」ととある所に連れていく。

リンデン(ロン)は街馬車を捕まえて「ロンドで1番美味しいと評判のカフェに」と行き先を指定した。

騎手「でしたらカフェ・レイにお連れ致します。」

何から何までしてくれるリンデン(ロン)にエリーゼも気を使ってしまうが、有名店のケーキを食べられることもありついつい着いて行ってしまう。

座席でリンデン(ロン)の横顔を見てエリーゼは『近くで見ると、より綺麗な顔立ち』とついつい見とれてしまう。

馬車内では沈黙が続く。

だがエリーゼはなぜか全く気まずさを感じていなかった。

エリーゼ『不思議だな・・知り合ってからまだそんなに経ってないというのにまるで長い間一緒にいたかのよう・・何だろう・・この落ちつく感じは・・』

エリーゼの好きなもの

カフェ・レイに到着するとそこには豪華すぎるスイーツの数々が並べられていた。

リンデン(ロン)「私はこう見えて財力がある。遠慮せず食べてくれ。」

いざ心待ちにしていたスイーツを口にしたエリーゼ。

エリーゼ『美味しい!ビアベーカリーにも負けてない!』

次々と美味しそうにスイーツを食べるエリーゼを見てリンデン(ロン)も『本当に美味しそうに食べるなぁ・・』と感心してしまう。

だがエリーゼの他の好きなものを調べたいリンデン(ロン)は誰からその情報を仕入れようか考える。

リンデン(ロン)『レン男爵はあてにならないから・・・そうだクリスがいたな!しかし彼とは特に関わりがないし・・・』

演劇の公演

その後、2人は街中を散歩する。

するとエリーゼがずっと観たいと思っていた演劇の公演を見かけた。

看板に目が止まったエリーゼを見てリンデン(ロン)は「あの公演が見たいのか?」と声をかける。

自分の好きな恋愛テーマの演劇にリンデン(ロン)を付き合わせる訳にいかないと思ったエリーゼは「い・・・いえ、大丈夫です。」と遠慮する。

するとリンデン(ロン)は「私もあの公演が見たいんだ」と答えたのだ。

「・・本当ですか?」と気まずそうに尋ねるエリーゼ。

リンデン(ロン)「正確に言うと、そなたと一緒に見たい」

⇨38話のネタバレはこちら

⇨40話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク