外科医エリーゼ 49話 ネタバレ




⇨48話のネタバレはこちら

⇨50話のネタバレはこちら

登場キャラ

エリーゼ・ド・クロレンス(高本葵)

本作の主人公。
医者としての実力を遺憾なく発揮し、多くの市民を死に追いやった伝染病を数日で解決する。
兄クリスの命を守る為、クリスの代わりに戦争に参戦すると決意する。

エル・ド・クロレンス

エリーゼの父。
いつもエリーゼのことを第一に考える良き父。
それにエリーゼの医者としての人生も一番に応援している。

ユリエン・ド・チャイルド

チャイルド家の姫君。
前世ではエリーゼとは犬猿の中であったが、心変わりしたエリーゼを見て仲良くなりたいと思っている。
リンデンに対して片思いを抱いている。

アルバート・ド・チャイルド

ユリエンの兄。
仲が良くないクロレンス家をどこか嫌っている節がある。


スポンサードリンク


49話 ネタバレ

家を追い出されれエリーゼ

エリーゼが戦争に参戦するという話は既にクロレンス家にまで回っていた。

父であるエルはエリーゼに怒り狂う。

エル「クリスの代わりに戦争に参戦するとはどういうことだ!!そのようなこと絶対に許さんぞ!!だから病院なんて初めから行かせるべきではなかったんだ!!もう二度と病院には行かせないからな!!」

謝り続けるエリーゼ。

だがエルの怒りは収まらず「今からお前は娘でも何でもない!!顔も見たくないから今すぐ家を出ていけ!!」とエリーゼを家から追い出したのだ。

行く宛てなく・・

家から追い出されたエリーゼ。

さすがに追い出されるとは思っていなかったようで行く宛に困ってしまう。

さらにここ数日の疲労もたたってか、風邪のような寒気がエリーゼを襲う。

公園のベンチで座っているとさらに雨まで降ってきたのだ。

雨に打たれながら泣き続けるエリーゼ。

エリーゼ『戦争に出ること自体は構わない・・・私のしてきたことの償いだと考えればいいことだから・・』

ユリエンとの約束

するとそこに2人の男女が現れた。

チャイルド家の姫君のユリエンとその兄であるアルバートであった。

ユリエン「一体こんなところで何をしているのですか!!?こんな大雨の中1人で・・一刻も早く邸宅に戻らないと・・」

エリーゼは家から追い出されたことを説明する。

最近良い評判しか聞かないエリーゼが家から追い出されたという事実に驚いてしまうユリエン。

ユリエンは「行くあてはあるのですか?」と尋ねる。

今から行ける場所を出来る限り思い出そうとするエリーゼ。

エリーゼ『皇宮・・?でも陛下はまだお怒りだし・・ロン様なら受け入れてくれるかもだけど・・そもそもどこにいらっしゃるかわからない・・』

行く宛なく言葉を詰まらせるエリーゼ。

するとユリエンが「私のお家に来ませんか?」と誘ってきてくれたのだ。

それを聞いたアルバートは「ユリエン!この子はクロレンス一族の娘だぞ?」と言ってくるが、ユリエンは気にする様子も見せない。

*クロレンス一族とチャイルド一族は仲があまり良くない

それにユリエンは以前エリーゼと交わしたとある約束を果たしたかったのだ。

ユリエン「先日の誕生祭の際、お茶の約束をしたのを覚えてますか?我が邸宅にご招待しますのでぜひ、お越しください。」

*31話参照

優しいユリエンの言葉に導かれるかのようにエリーゼはチャイルド家に向かったのであった。

初めてのチャイルド家

初めてチャイルド邸宅に足を運んだエリーゼ。

西大陸の経済を握るほどの家門であるものの邸宅自体は意外と控えめな構造であったため、エリーゼも少し驚いてしまう。

風呂から上がるとユリエンが「湯加減はいかがでしたか?」と声をかけてきた。

ユリエンは風邪を引きやすいエリーゼの体質を心配していたのだ。

エリーゼと話しているうちにユリエンはエリーゼのことを『なんだかまるで妹みたい・・』と思うようになっていく。

羨ましがるユリエン

するとユリエンはエリーゼの顔色が優れないことに気がついた。

ユリエン「もしかしてどこか悪いのですか?」

エリーゼ「恐らく少し風邪気味で・・・」

ユリエン「本当によく風邪をひかれるのですね・・もしかして、免疫力に問題があるのでは?」

ユリエンが免疫力という言葉について知っていたことにエリーゼは驚いてしまう。

どうやらユリエンはエリーゼが羨ましくなり1度医学について勉強したようなのだ。

ユリエン「デイムは私が一番欲しいものを持っているお方ですから、だから真似してみたんです。こう、勉強したら幸福が訪れるのではないかという子供のような考えで・・」

ユリエンはリンデンに昔から恋しており、ずっと結ばれることを夢みていたのだ。

しかし皇室とチャイルド家の関係はあまり良くなく、それは限りなく奇跡に近い夢であった。

ユリエンの優しさ

するとユリエンは今日エリーゼが寝泊まりする用の寝室まで用意すると言い出したのだ。

遠慮するエリーゼ。

だがユリエンは「大丈夫なはずありません。この雨の中震えながら一晩過ごすつもりですか?大人しくこのまま泊まっていってください!」と注意してきた。

エリーゼ「本当にありがとうございます」

ユリエンは優しい笑顔で「では・・おやすみなさい。デイムクロレンス。」と言った。

⇨48話のネタバレはこちら

⇨50話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク