復讐の毒鼓2 26話 ネタバレ




⇨25話のネタバレはこちら

⇨27話のネタバレはこちら

登場キャラ

神山勇

本作の主人公。
双子の兄の秀を殺したナンバーズをたった1人で崩壊させた伝説の不良。
毒鼓という異名を持つ。
母親を安心させる為、洸徳高校に通っている。

高瀬千里

洸徳高校に通う勇のクラスメイト。
勇に対して片思いしている。

一条元

洸徳高校に通う元不良。
泰山高校時代はナンバーズのNo.1として君臨していた。


スポンサードリンク


26話 ネタバレ

西北高連を潰したい一条

目が合った一条と勇。

勇はバイクを止め、一条に話しかける。

傷を負った一条は「・・面子丸潰れだな」と自分自身に呆れた表情を浮かべた。

勇「まさか殴られたのか?」

一条「まさかっ!ちゃんとした戦いだったら俺が負けるはずない。わかるだろ?」

勇「・・・・。さぁ?」

すると一条は「西北高連って知ってるか?」と尋ねてきた。

何のことか分からない勇。

そして一条は一緒に西北高連を潰すよう提案してきたのだ。

だが喧嘩をしないと決めた勇はキッパリと断った。

「何かあったら病院に運んでいこうと思ったけど大丈夫なら行くわ」と言って立ち去ろうとする勇。

そんな勇の態度に腹が立ったのか一条は「おい!神山勇!お前今日なんだか憎たらしいぞ」と言ってきたのだ。

勇「いい歳こいて喧嘩してる方が変なんだよ。じゃあ行くわ!」

助けを求める女子高生

その後、勇はとある公園にピザの宅配に上がった。

ピザを受け取ろうとする1人の女子高生。

その女子高生の顔にはアザがあり、さらにひどく何かに怯えていたのだ。

女子高生は小声で「助けて・・ください・・西北高連・・です・・」と勇に助けを求めた。

公園の奥のベンチにはその女子高生を虐めているであろう、3人の南宗の女不良の姿があった。

だが勇は見て見ぬふりをして「800円のお返しです」とそのままバイクを走らそうとしたのだ。

その瞬間、女子高生はアクセルを掛けようとする勇の腕を掴んだ。

しかし勇は知ったこっちゃないと言わんばかりに女子高生の手を振り払い、そのまま立ち去って行ったのだった。

リンチされる女子高生

女子高生が勇に助けを求めようとしたことは、3人の女不良達にも気づかれていた。

不良女の1人が「テメー今何した?」と女子高生の髪を掴むと、そのまま奥のベンチまで連れて行かれる。

「テメー今、ピザ屋にチクったろ!」

「ちっ違います」と否定する女子高生だが、ひっぱ叩かれてしまう。

それはまさにリンチであった。

デートの代わり

バイクを走らせる勇。

すると千里から着信が入った。

用件は相変わらずのデートの誘いであった。

千里「まだ決めてないのー?お母さんに会って、私とデートして、デリバリー行けばいいでしょ?」

余りにもしつこいので勇も折れてしまったのか、勇はとある条件の代わりにデートに行くことを承諾したのだ。

勇「じゃあ1つ頼み事していいか?女子同士で俺が出る幕じゃない気がするが無視できなくて・・」

助けに来た千里

その頃、女子高生への暴力はさらにエスカレートし、女不良の間で「援交させる?」という話が持ち上がった。

ゾッとする女子高生。

するとそこに1台の2人乗りバイクが突っ込んできた。

3人の不良と女子高生はそのバイクをジッと見つめる。

そしてそのバイクから降りて来たのは・・・千里であった。

⇨25話のネタバレはこちら

⇨27話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク