復讐の毒鼓2 29話 ネタバレ




⇨28話のネタバレはこちら

⇨30話のネタバレはこちら

登場キャラ

神山勇

本作の主人公。
双子の兄の秀を殺したナンバーズをたった1人で崩壊させた伝説の不良。
毒鼓という異名を持つ。
母親を安心させる為、洸徳高校に通っている。
母を安心させる為、喧嘩をしないことを決意した。

高瀬千里

洸徳高校に通う勇のクラスメイト。
勇に対して片思いしている。

風間愛

高校時代、勇と一緒に飛躍した(元)伝説の不良。
俊敏な動きを得意とする。
勇の友人の中で、唯一大学に進学している。

大竹仁美

愛の彼女。
愛とは同じゼミで、人付き合いはその人間の学歴を重視している。

倉田

ナンバーズ絡みの事件を担当していた刑事。
余命宣告された勇の母に入院先を紹介するなど、勇のことを色々気にかけている。

有山大輔

勇の母親の担当医。
倉田とも昔からの仲で、そのよしみで勇の母親を担当することになった。

中沢正義

南宗の2年。
白戸が唯一信用していた存在であったが、白戸が邪魔になった途端裏切った。
悪巧みに関しては右に出るものはいない程、頭の回転が早い。

増田弘毅

白戸と入れ違いで南宗高校に転校した2年生。
一瞬で南宗のトップに君臨してしまう。

高井戸陸

伝説の不良高井戸兄弟の兄。
現在は洸徳高校に通っている。

高井戸海

伝説の不良高井戸兄弟の弟。
現在は洸徳高校に通っている。


スポンサードリンク


29話 ネタバレ

デート

大学の彼女である仁美とランチする愛。

将来の就職の為にTOEICを取得するなど、仁美は意識高い系の話をしてくる。

すると愛はデート中の勇を発見する。

勇「愛?」

愛「元気?」

久々の再会にたわいもない会話をする2人。

すると愛が横にいる千里について「彼女?」と尋ねた。

勇「同じクラスなだけだ」

千里は「どうも高瀬千里です。」と自己紹介する。

勇も「そっちは?」と聞き返す。

愛「こちらは大竹仁美。同じゼミの子。」

すると仁美が「愛のお友達ですか?どこ大行ってるんですか?」と聞いてきた。

勇「洸徳高校です。色々事情があって今年から高校通ってるんで」

それに対し仁美は「洸徳・・え・・?」と一瞬嫌そうな表情を浮かべたのだ。

その後、勇と愛がたわいもない会話をするも、仁美が「私たち課題やんなきゃいけないんですけど・・」と強引に帰らそうとしてきたのだ。

そんな仁美の態度にも勇は気づかず「あ、すいません。じゃあまた後でな」とその場を後にしたのだった。

恥ずかしい存在

2人きりになった千里は「誰?」と愛のことを尋ねてきた。

勇「俺のツレん中で1番成功した奴。大学生だとさ」

すると千里は「さっきの女の子の嫌そうな顔見た?」とズバッと聞いてきた。

何のことか分からない勇は「いつ?」と聞き返す。

千里「洸徳高って言った時」

それを聞いて勇は『ひょっとして・・俺は愛にとって恥ずかしい存在の友達なのか?』と思ってしまったのだった。

存在感を放つ高井戸兄弟

西北高連の集会にゲストとして顔を出した高井戸兄弟。

用件を一通り聞いた陸は「つまりは西北高連の特別会員にしてやるから洸徳を潰せってことか?」と聞き返す。

正義「はい、月30でどうでしょうか?」

陸「ってことは1人あたり15か・・多すぎやしねぇか?」

一瞬ホッとした表情を浮かべる正義に陸は「反対語だよ。バカども!」と威圧してくる。

その場にいた全員が高井戸兄弟の存在感に圧倒されていたのだ。

そんな中、増田が「一条元から潰したくて」と依頼したのだ。

陸「一条元?」

母親の容態

その頃、刑事の倉田は勇の母親のことで医者の有山から病院に呼び出されていた。

どうやら勇の母親は完全に生きる意欲を失っているようで、ホスピス病棟に移すしかないような状態にまで陥っていたのだ。

つまりそれは延命治療を止めるということであった。

お金もキツキツの勇のことを考えると倉田がとれる方法は1つしかなかった。

倉田「わかったよ。俺がもっと出すよ。」

倉田は治療費をもっと出すかわりに、延命治療を続けて欲しいと頭を下げ続けた。

聞いていた勇

話を済ませ、診察室から出る倉田。

すると部屋の外に勇が待っていたのだ。

倉田「聞いてたのか?」

黙り込む勇。

勇の決意

その後、場所を移した2人。

倉田は「おめぇは今まで通り月3万の持ってこい!残りは俺がどうにかすっから」と勇を安心させる。

そんな倉田に勇は「なんでこんなに良くしてくれるんすか?俺に」と尋ねた。

倉田「悪いと思ってんだよ」

倉田は2年前の秀が死んだ事件に対し、自分がもっと積極的に捜査に乗り出していれば、あんなことにはならなかったと責任を感じていたのだ。

それを聞いて勇の心が動いた。

そして勇は「刑事さん。あれ手伝わせて下さい。」と言ったのだ。

倉田「え?」

勇「デリバリーポリス。やります、俺!」

⇨28話のネタバレはこちら

⇨30話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク