ヤバい女に恋した僕の結末 13話 ネタバレ




⇨12話のネタバレはこちら

⇨14話のネタバレはこちら

登場キャラ

森岡マモル

ホラー作家。
叶奏の本性を知ってしまい疑心暗鬼になってしまう。

橘叶奏

マモルの彼女。
正統派の清純女子。
自分の本性をバラされ、マモルに会って話がしたいと持ちかける。

橘智宏

叶奏の夫。
職業は税理士。
浮気する叶奏を追い回す。


スポンサードリンク


13話 ネタバレ

後悔するマモル

家に帰ってからも後悔するマモル。

マモル『オレは・・・バカだ・・叶奏ちゃんを抱く最大のチャンスだったのに・・・』

だがその後はマモルは叶奏が本当は何者なのかを疑いはじめた。

自分の前だけ清純なだけであって、他の男たちとは体の関係を持ち続けている叶奏に疑念を抱いてしまう。

マモル『いっそのこと・・・別れてしまった方が・・・オレはどうすれば・・・』

盗聴に気づく叶奏

夫が待つ家に帰る叶奏。

部屋の前でドアを開けるのを躊躇していると、キーケースに盗聴器がつけられていたのに気がつく。

叶奏は『盗聴器?・・・こんなもの仕掛けて・・・』

さらに携帯を見ると坂下からストーカーのようなメールが届いていることに気がつく。

それを見て寒気を感じる叶奏。

だがその下の鷹野からの着信を見て、叶奏は少し安堵したかのような表情を浮かべた。

帰りを待つ夫

部屋に入ると夫が冷たい表情で帰りを待っていた。

夫「どこ行ってた?」

叶奏「マモルくんと・・会ってた・・」

開き直る叶奏に腹を立てる夫。

すると叶奏は「スマホの暗証番号あなたの誕生日にしなければ良かった」と言い出したのだ。

夫は「もう俺のじゃないだろ?」と言うが、叶奏は「試してみる?」とスマホを渡してきた。

自分の生年月日を入力した夫。

するとスマホのロックが解けたのだ。

叶奏「もう気が済んだ?智宏さん、もうあなたには嘘はつけないわ」

迫ってくる夫

安堵した夫は「もう俺にだけは一切ウソはつかないって意味だよな?」と後ろから抱きつこうとする。

智宏(夫)「だが他の男たちには大嘘ばかりついているんだろ?そうやってたぶらかして男どもの心を弄んでいるんだろ??」

叶奏「かもね・・・」

⇨12話のネタバレはこちら

⇨14話のネタバレはこちら


スポンサードリンク





スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク