ヤバい女に恋した僕の結末 17話 ネタバレ




⇨16話のネタバレはこちら

⇨18話のネタバレはこちら

登場キャラ

森岡マモル

ホラー作家。
叶奏の本性を知ってしまい疑心暗鬼になってしまう。

橘叶奏

マモルの彼女。
正統派の清純女子。
自分の本性をバラされ、マモルに会って話がしたいと持ちかける。

坂下太一

叶奏の浮気相手の一人。
若くチャラチャラした格好で、叶奏のことを執拗に追いかける。


スポンサードリンク


17話 ネタバレ

自分だけのもの

迫ってくる坂下。

坂下「いつもより優し~くいたぶり倒してあげっから!!一緒に・・・天国逝っちゃう~??」

自分で発言する言葉に自分で興奮しだした坂下。

なぜなら今目の前にいる叶奏は監禁していることにより、自分だけのものだからだ。

叶奏は「誰か・・・」と助けを求めるが、坂下は「無駄だよぉ」と言ってくる。

なんと坂下が住んでいるマンションは老朽化が進んでおり、坂下と耳の悪い老人しか住んでいないのだ。

坂下「泣こうが喚こうがだ~~~~れにも聞こえないってこと♡」

泣き出した叶奏

嫌がる叶奏などお構い無しに強引にキスをする坂下。

窒息するまでキスし続ける坂下に叶奏も意識がもうろうとしていく。

坂下「何だよ、叶奏!おめー簡単に死にそうじゃんかよ!」

さらに坂下の手は叶奏の胸に・・・

すると叶奏は「坂下・・く・・んお願いだから・・やめて」と泣き出したのだ。

だが坂下はさらに逆上しだした。

坂下「許す?それって俺を裏切ったってことか?他の男どもとヤリまくってたってことか?」

初めてみる叶奏のか弱い表情。

それは今まで坂下が見てきたお姉さんのように叱ってくれる叶奏とは正反対であった。

今まで上から目線で姉御肌をフカしていたにも関わらず今日に限って下手に出てくる叶奏に坂下はひどく腹を立てた。

坂下「他の男にはこうやって・・こびてたのか!!??」

首を絞めながら問い詰める坂下の興奮はさらにエスカレートしていった。

そして坂下は「正体暴いてやる」と言って右手を振りかざしたのであった。

刺激的な出来事

原稿に悩むマモル。

編集担当からパンチが足りないと言われたことを引きずっているようだ。

ふと携帯を見ても、叶奏からの連絡はない・・・

刺激的な経験が作品に投影されれば良いのだが、マモルは最近あった出来事が作品に活かされるとは到底思えなかった。

⇨16話のネタバレはこちら

⇨18話のネタバレはこちら


スポンサードリンク


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク