復讐の毒鼓2 68話 ネタバレ


スポンサードリンク


登場キャラ

神山勇

本作の主人公。
双子の兄の秀を殺したナンバーズをたった1人で崩壊させた伝説の不良。
毒鼓という異名を持つ。
母親を安心させる為、洸徳高校に通っている。
西北高連を解体させることを決意する。

太樹

勇の中学時代からの仲間。
お金がない為、いつも昼飯を誰かにたかっている。

ヤス

勇の中学時代からの仲間。
金髪長髪の見るからにヤンキーの風貌を兼ね備える。
そろそろ実家の農業を継ごうか検討している。

風間愛

高校時代、勇と一緒に飛躍した(元)伝説の不良。
俊敏な動きを得意とする。
大検を取得し、大学に進学する。

雷堂仁

高校時代、勇と一緒に飛躍した(元)伝説の不良。
レスリングでも日本チャンピオンの実力者。
将来どうすべきか悩んでいる。

諏訪徹

紀星高校のトップ。
一度浜田ジョーが解散させた紀星高校の不良集団を再集結させた。
西北高連に所属している。

相田友之

紀星高校のNo.2。
トップの諏訪に少なからず不満を持っている。

中沢正義

南宗の2年。
西北高連の頭脳的存在。
悪知恵を働かせたら右に出るものはいない。

早乙女尚

早乙女零の兄。
職業は弁護士。
新しく設立される洸徳高校の理事長も務める。
勇の父親をひき逃げで殺した過去がある。
勇をどうにかして退学させようとしている。

伊藤成美

洸徳高校に通う女子高生。
特に千里と仲が良い。
密かに早乙女に恋している。

蒲田

白戸に金を貸していたヤクザ。
早乙女から依頼を受け西北高連の動向を探っている。


スポンサードリンク


68話 ネタバレ

正義の失策

諏訪達と別れ、1人タクシーに乗る正義。

するとその横をバイクに乗った太樹とヤスが通り過ぎた。

2人の顔を見て、正義はさっきの廃墟で目撃したことを思い出す。

そして太樹とヤスが毒鼓の仲間であることも思いだしたのだ。

ということはさっきの廃墟にも毒鼓がいたことになる・・・

それに気づいた正義は『今日終わらせられたってことか・・クソ!』と悔しがったのであった。

仁への誘い

仁から着信を受ける勇。

仁は先日、愛と木下とした飲み会で勇に連絡しても電話に出なかったことをグチグチ言う。

ちょうど仁を明日の戦いに誘おうと思っていた勇は「明日時間作れるか?」と尋ねた。

だが仁は仕事が溜まっているらしく、明日帰ってくるのも11時をまわってしまうようであった。

勇「そうか、じゃあお前はダメそうだな」

話は変わり、仁は「愛が1週間時間作れるってよ」
と今度3人で遊ぶことを提案してきた。

仁「試験期間終わるまで会わないで勉強だけしようって彼女に言われたってさ!!お前は彼女知らないよなー?」

勇「知ってるよ、見たことある。じゃあ切るわ」

電話を切った後、愛の友人として自分だけ彼女に紹介されていない仁は哀しい表情を浮かべたのであった。

愛への誘い

勇は続いて愛に電話を入れた。

勇は「明日時間あんだろ?」と唐突に誘った。

昨日木下から勇の現状を知らされた愛も「会って話そう」と答えたのだ。

勇「久しぶりだな・・ペン(武器)用意しろ!!」

冷たい態度の早乙女

理事室で業務をする早乙女。

するとそこに成美が差し入れのクッキーを持ってきたのだ。

イライラした早乙女は「あぁそこに置いてってくれ」と冷たくあしらった。

さらに成美が「週末どっか遊びに行きません?」と誘うも早乙女は「忙しい」と冷たい対応をとる。

理事室を出た成美は『学校だからか・・へへっ』と自分を励ましたのだった。

蒲田からの報告

すると早乙女の携帯に一通の着信が入る。

先日、肩代わりした白戸の借金取り(ヤクザ)からであった。

蒲田というそのヤクザの男は「あの時宿題もらったじゃないですか。ガキ共の間で何が起きてるか調べろって」と話し出した。

早乙女「報告しろ」

蒲田はまず西北高連について話し出し、その西北高連が現在地域を分割してカツアゲを行っていることを報告した。

蒲田「ところが最近自分たちの集金を邪魔する奴が現れた。」

早乙女「ほう。誰なのか知ってるのか?」

蒲田「詳しくは分かってないんですけど、通称毒鼓、マスクをつけてるらしいです。毒鼓の為に西北高連が洸徳のヤツらを使ったようですが昨日ひでぇやられ方したみたいで・・」

そして今日その毒鼓を潰す為に西北高連がど毒鼓軍団が衝突するということまで蒲田は調べあげていた。

早乙女の狙い

一通りの報告を受け、電話を切った早乙女。

だが早乙女の心中は喜びで満たされていた。

早乙女『神山が外で喧嘩して回ってる??暴力沙汰だったら学校から追い出す絶好のチャンスじゃないか・・もっとやれ!!お前が喧嘩に勝った日が地獄に落ちる日となるだろう!!』


スポンサードリンク


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク