復讐の毒鼓2 72話 ネタバレ


スポンサードリンク


登場キャラ

神山勇

本作の主人公。
双子の兄の秀を殺したナンバーズをたった1人で崩壊させた伝説の不良。
毒鼓という異名を持つ。
母親を安心させる為、洸徳高校に通っている。
西北高連を解体させることを決意する。

一条元

洸徳高校に通う元不良。
泰山高校時代はナンバーズのNo.1として君臨していた。
高井戸兄弟に敗れて以降、西北高連を潰そうと目論んでいる。

高井戸陸

伝説の不良高井戸兄弟の兄。
現在は洸徳高校に通っている。

高井戸海

伝説の不良高井戸兄弟の弟。
現在は洸徳高校に通っている。

東口浩人

洸徳高校に通う学生。
見た目は一見ただの優男だが、喧嘩の実力は高井戸兄弟も認める程である。
お金に困っている模様。

風間愛

高校時代、勇と一緒に飛躍した(元)伝説の不良。
俊敏な動きを得意とする。
大検を取得し、大学に進学する。

西城

紀星高校のOB.。
2年前のクーデーター事件にて愛に敗れ、退学となってしまう。

相田友之

紀星高校のNo.2。
トップの諏訪に少なからず不満を持っている。

渡辺達也

共律高校のトップ。
西北高連には興味がなく、参加することもなければ会費も払っていない。
自分の実力を証明する為に、毒鼓(勇)を探している。

大道寺

共律高校のOB。
現在は調理師学校に通う元不良。
自身の方針で西北高連に共律を参加させないようにしている。


スポンサードリンク


72話 ネタバレ

作戦会議

一条を家の近くまで呼び出した勇。

呼び出した理由を尋ねると勇は「乗れって」とだけ言い、バイクの後ろに乗せようとする。

一条「どこに向かってるんだ?」

勇「作戦会議しに行くんだよ!!」

金額交渉

金額交渉をする高井戸兄弟と東口。

「10万」と提案した陸に対し、東口はなんと「15」と答えたのだ。

強気の姿勢を貫く東口。

海は「ざけんなよ!僕らの取り分ないじゃん」と反対するも、陸はまさかの承諾したのだ。

さらに陸は「他にあてはないのか?」と戦力を増やそうとする。

どうやら西北高連から金を搾り取るつもりのようだ。

東口「さっきからきいてりゃなんだよ?相手がそんなに凄いわけ?」

陸「ただ確実に終わらせたいだけだ!」

追加戦力

すると東口が「あてなら俺にもいるけど」と答えたのだ。

どうやら年下で大検を取るために塾に通っている池口という後輩がいるようだ。

そして東口は「池口にも10だぞ?分かってるな?」と念押ししてきたのだった。

2対1

2対1の状況に追い込まれた愛。

愛はなんとか1体1にする為、先に雑魚の相田を潰そうとする。

相田が持っている木の棒を振りかざすると、愛はペンを投げつけ相田の気を逸らした。

そしてその一瞬の隙をついて、相田の顔面に連打をあびせたのだ。

西城も隙をみて殴りかかってくるが、愛は間一髪で防いだ。

愛「これで1枚1。前は僕にやられたよね?」

西城「その前にテメーの手首へし折ったの、誰だっけな?」

共律高校内での不満

その頃、共律高校では番である渡辺が2年の番である関口と軽い口論をしていた。

もともと共律高校はOBである大道寺の方針により西北高連には所属しない姿勢を貫いていた。

だが渡辺が転校してきて、共律の番になったことによりその方針は一変してしまったのだ。

その事にもともと大道寺の元で動いていた関口は納得できなかったのだ。

だが関口は渡辺に上手く言いくるめられてしまう。

渡辺「2年だったら2年らしく行動しろ!」

関口「はい・・・」

チクリを入れる関口

教室を出た関口はすぐにそのことをOBの大道寺に伝えた。

関口「先輩に逆らって共律を西北高連に入れようとしている人物がいます。去年転校してきて状況がよく分かってないみたいです」

大道寺「そいつ誰だ?」

愛の一撃

攻防を繰り返す愛と西城。

愛としては相田が意識を取り戻す前に決着をつけたいところであった。

何度かペンを使った攻撃を試みるもすぐに防がれてしまう。

だが愛は掴まれた腕を剥がし、なんとか攻撃の手を西城の喉元まで伸ばすことに成功した。

喉を抑え、苦しむ西城。

愛「もっとデカくなれって言ったっけ?」

そして愛は渾身の蹴りを西城の顔面にお見舞いしたのであった。


スポンサードリンク


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク