復讐の毒鼓2 74話 ネタバレ


スポンサードリンク


登場キャラ

神山勇

本作の主人公。
双子の兄の秀を殺したナンバーズをたった1人で崩壊させた伝説の不良。
毒鼓という異名を持つ。
母親を安心させる為、洸徳高校に通っている。
西北高連を解体させることを決意する。

一条元

洸徳高校に通う元不良。
泰山高校時代はナンバーズのNo.1として君臨していた。
高井戸兄弟に敗れて以降、西北高連を潰そうと目論んでいる。

高井戸陸

伝説の不良高井戸兄弟の兄。
現在は洸徳高校に通っている。

高井戸海

伝説の不良高井戸兄弟の弟。
現在は洸徳高校に通っている。

渡辺達也

共律高校のトップ。
西北高連には興味がなく、参加することもなければ会費も払っていない。
自分の実力を証明する為に、毒鼓(勇)を探している。

大道寺

共律高校のOB。
現在は調理師学校に通う元不良。
自身の方針で西北高連に共律を参加させないようにしている。


スポンサードリンク


74話 ネタバレ

準備を進める洸徳組

決戦に向けて準備を進める高井戸兄弟。

洸徳高校内でも決戦に参加出来るメンバーをできる限り集めていた。

現在決戦に参加出来る洸徳メンバーは高井戸兄弟の2人、東口とその後輩の池口、怪我から復帰した猿田と岩瀬の6人、それに加え伏見たちの女子軍であった。

改めて決闘の規模のデカさを感じる陸と海は決闘場所の廃墟に向かうのであった。

裏で動く早乙女

その2人を校舎から見下ろす早乙女。

そして早乙女は理事である大智に電話を掛けた。

早乙女「もしもし理事、頼みがあってな」

現れた大道寺

部下たちを連れて決闘場所に向かう渡辺。

すると急に部下達の足が止まったのだ。

渡辺「何だ?何止まってんだ?」

前を向くと人相の悪そうな男が渡辺を睨んでいる。

その男は共律のOBの大道寺であった。

渡辺「誰だテメェは」

大道寺「それが先輩に対する態度かよ、西北高連を抜けろ!もし活動続けたら、その首へし折ってやる」

その目付きに若干怯んでしまう渡辺。

大道寺は「神聖な学校の前で喧嘩する訳にはいかねえだろ、ついてこい!」と渡辺達を別の場所に誘導したのだった。

裏切られた渡辺

人気のない場所に移動し、大道寺は改めて渡辺に西北高連抜けるよう命令する。

誰かも知らない男に上から命令されてイラついた渡辺は部下たちに大道寺を潰すよう指示した。

だが部下たちは微動だにしない。

むしろ部下たち全員渡辺側に回ったのだ。

渡辺「はっ・・マジかよ」

覚悟を決めた渡辺を敵に回った僕は全員を潰そうとする。

沈められた渡辺

「クソがぁぁ」と吠えながら敵の群れに1人突っ込む渡辺。

1人1人なぎ倒していくもののそれには限界があった。

劣勢になる渡辺を見て、大道寺が自分の手で畳み掛けようとする。

大道寺「1人で8人倒したのを見ると・・・学校の番ぐらいの実力か!」

大道寺に殴りかかろうとする渡辺。

だが渡辺は大道寺のカウンター1発で沈められてしまう。

「テメーくらいのやつなんざこの辺に腐るほどいるんだよ!!」と渡辺を見下す大道寺。

さらに「テメーの為に戦ってくれる仲間から作りな」と忠告までしてきたのだ。

最後に大道寺は「今日はこの辺にしといてやる!今度調子乗ったらこれでてめぇの喉掻っ切ってやるからよ」と刃物の画像を見せたのであった。

*大道寺は調理学校に通っている

決戦の時

その頃、勇、一条、大樹、ヤス、井頭、栗田の6人は約束の廃墟にて西北高連との決闘に備えるのであった。

一条「来たぞ!決戦の時だ」


スポンサードリンク


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク