恋愛不感症-ホントはもっと感じたい- 3話ネタバレ

スポンサードリンク




⇨1話のネタバレはこちら

⇨2話のネタバレはこちら

⇨4話のネタバレはこちら

主要キャラ

星名朱里

本作のヒロイン。
会社の人飲み会で同棲中の彼氏の浮気を目撃して以降、会社の上司である浅倉の家で家政婦として雇われることになった。
今まで良い恋愛をしたことがなく、自分のことを恋愛不感症であると思っている。

浅倉浩之

朱里の会社の上司。
几帳面で真面目な性格。
ある日、帰る家を無くした朱里を家に泊める。
それがキッカケで金と家がない朱里を家政婦として雇うこと決めた。

スポンサードリンク




3話ネタバレ

お金がない朱里

千円札をジッと見つめる朱里。

『全財産がこれだけの私に選択肢はそれほどない・・・住むとこもなければ他に行くアテもない』という絶望的な状況で浅倉からの家政婦の誘いはかなりおいしい話であった。

だが男の上司が相手という事がどうしても朱里を思いとどまらせる。

確かに浅倉は大人な考えを持ち、昨晩も紳士的な態度で接してくれた・・だが朱里は悩んでしまうのだった。

バイトを探す朱里

昼休憩中に屋上でバイトを探してみる朱里。

だが寝床を確保できる程の高時給の求人は載っておらず、「夜の仕事をするしかないかー」と考えてしまう。

煮詰まってきた朱里は空を見上げる。

そうしているとふと朱里は彼氏(北島)の浮気を思い出してしまった。

『同じ職場にいたのに全然気づかなかった・・いつからあんな関係だったんだろ・・』

昨日のことを思い出し、朱里はまだまだ自分の傷が癒えていないことに気がつき俯いてしまう。

家政婦として働くことを決意する朱里

すると浅倉が後ろから「仕事終わった後でバイトでもする気か?」といきなり求人誌を取り上げたのだった。

「ウチの課は残業多いし体力的にも無理だ。それに大した金にはならん」と求人誌を投げ捨てる浅倉。

たが「お金は仕事によると思います」と朱里が少し反論してみると「まさか水商売とか考えてないだろーな」と図星を突いてくる。

そんな朱里に浅倉は「お前の性格では無理だ!」とキッパリ言ったのだった。

その代わりに「家政婦として雇ってやる」と言う浅倉に対しどうしても負い目を感じずにはいられない朱里。

すると浅倉はお金が入った封筒を「これはメシ代、後は必要な日用品買っておけ」と渡してきたのだ。

そして最後の浅倉の「無理するな!!」という言葉に朱里はお金を受け取る決心をつけたのだった。

「じゃあお言葉に甘えて家政婦のバイト代として前払いということで頂いておきます」とお礼を言う朱里に「素直でよろしい。商談成立だな」と浅倉は合鍵を渡したのだった。

さらにそれだけではなく浅倉はお金がなく腹を空かせているであろう朱里のために昼食まで買ってきてくれていたのだ。

その心遣いに思わず朱里は感激してしまうのだった。

相変わらず綺麗な部屋

先に退社した朱里は貰った合鍵で先に浅倉宅に帰る。

合鍵を渡し慣れているところや以前女には不自由していないと言ったことを思い出し、浅倉に恋人がいるかどうか考える朱里。

家に上がると相変わらず綺麗なリビングがそこにあった。

それを見て『どう見ても家政婦必要ないよね!?』と素直に感じてしまう。

さらに買ってきた食材を入れる為冷蔵庫を開けるとそこには完璧に完備された食材があった。

台所には謎の調味料と調理器具。

『これは絶対料理が出来る人』とますます自分の必要性を感じなくなった朱里。

しかし『家政婦として雇われたからにはその役目を果たさなくては』とエプロンを巻いて気合を入れたのだった。

朱里の働きぶりに驚く浅倉

帰宅した浅倉。

すると朱里がエプロン姿でお出迎えしてきた。

それには今まで一人暮らしだった浅倉も少しドキっとしてしまう。

さらに朱里の「夕食の用意出来てますよ、それとも先にお風呂にしますか?」という質問に完璧に参ってしまう浅倉。

洗面所に入る浅倉。

すると洗面所がピカピカに磨かれてるいた。

それだけでなくお風呂場、トイレとありとあらゆる場所が綺麗に清掃されてあった。

さらに脱いだスーツをロッカーに掛けてくれる朱里。

その気配りに浅倉は少し照れるのだった。

⇨1話のネタバレはこちら

⇨2話のネタバレはこちら

⇨4話のネタバレはこちら

スポンサードリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク