リコール あなたの復讐代行サービス 『PAY,BACK』編 ネタバレ

漫画アプリ「ピッコマ」で毎週水曜日に連載されている「リコール あなたの復讐代行サービス」。

本記事は18話〜23話まで連載された『PAY,BACK』編のネタバレを投稿しております。

他の物語もまた定期的に更新して参ります。

※本漫画のあらすじ気になる方は下にあらすじリンクがございますのでそちらからお進み下さい。

スポンサードリンク




⇨本漫画のあらすじはこちら(1~5話)

⇨『いいね』編 ネタバレはこちら(6~10話)

⇨『理沙ママ』編(11話)ネタバレはこちら

⇨『父親』編 ネタバレはこちら(12~17話)

⇨『島』編ネタバレはこちら(25~29話)

教員を目指す祐希

教員を目指す厚川祐希。

しかし祐希は4年連続採用試験に落ちており、今年に限っては非常勤職員の試験も落ちてしまっている。

そんな祐希へ少ない給料から仕送りをしてくれるのは母の美智恵であった。

また美智恵も職場で保険の契約件数が悪く上司から罵声を浴びせられるなど肩身の狭い思いをしていた。

友人の良平

もう1人祐希を定期的にご飯に誘うなど気にかけてくれるのが親友の鶴野良平であった。

ある日、祐希の誕生日祝いで良平とご飯に行った際、祐希はこのまま職員を目指し続けるべきかどうかの相談をしていた。

しかしそんな弱気な祐希に良平は喝を入れる。

祐希と城ヶ崎の出会い

そんな2人の会話を用意隣の席で聞いていた女性が祐希に声をかけてきた。

女性の名前は城ヶ崎英里乃。

とりあえずその日は城ヶ崎の名刺だけ受け取り何事もなくその場を後にした祐希。

絶望する祐希

後日そんな祐希に悪い知らせが飛び込んできた。

なんと祐希が目指す倫理教員の採用枠が今年度ゼロになったのだ。

絶望に苛まれる祐希だったが、城ヶ崎から一本の電話が入る。

城ヶ崎との夜

城ヶ崎と飲みに行くことになった祐希はそこでも教員になる夢が潰れたと落ち込んでいた。

すると城ヶ崎は「あなたの夢、わたしが叶えて差し上げます。」と突然言い出した。

なんと城ヶ崎は私立高校の理事の姪でさらに人事部に所属しているというのだ。

さらに城ヶ崎は祐希に一目惚れしたと言い出し、2人はそのままホテルで夜を過ごした。

教員になれる条件

このことを後日親友の良平に話すと良平は「お前も男になったのか〜」と喜んでくれた。

しかしその話に祐希は1つ気掛かりな点があった。

なんと祐希が採用される条件としてその学校に800万の基金を払わなくてはならないのだ。

当然話を持ちかけてきた城ヶ崎は「払ってくれた800万は3ヶ月後に私が返します。ただ形だけでも払わないとコネで入ったと見下されますよ?」と一時的な負担に過ぎないと言っていた。

念願の倫理教員でさらに常勤枠ということもあり祐希の心は動かされていた。

祐希の決意

後日、祐希は父の慰霊に語りかける美智恵の姿を見かけた。

「空から祐希を助けてあげて。祐希が先生になれるように。」と切実に願う美智恵の姿を見て祐希の決心が固まった。

持明院マチと祐希

祐希は持明院金融の持明院マチという老婆のもとへ訪れる。

しかし担保もなく借金も多い祐希に持明院はなかなか800万を貸そうとしない。

そして持明院の「どうしてお金が必要なんだい?」という問いに祐希は「夢を叶える為に必要なんです」と答えた。

その答えに満足したのか持明院は身体提供覚書と書かれた紙を差し出し、祐希にサインさせた。

その覚書の文言には期限内に返済出来なかった際は担保として臓器を提供しなくてはならない旨が書かれてあった。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク