TEN 読んでみた あらすじ 感想

漫画アプリ「ピッコマ」で毎週木曜日に連載されている「TEN」。

これは過度ないじめを受けてきた拓が様々な逆境を乗り越えるヒューマンストーリーとなっております。今回はそんな本作の魅力をあらすじと主要キャラを交えてご紹介します。

※あらすじの続きが気になる方はあらすじ紹介の下にネタバレリンクがございますのでそちらからお進み下さい。

スポンサードリンク




⇨1年生編のネタバレはこちら(11〜21話)

⇨2年生編のネタバレはこちら(22〜38話)

主要キャラ

石田拓

この物語の主人公。

毎日博貴に殴る蹴るなどの暴力を振るわれている。

そんな毎日に絶望しており、飛行機が学校に墜ちないかという妄想を常日頃している。

ヤラレっぱなしの自分に嫌気が差しているが、強くなる勇気を持てずにいる。

橋本博貴

拓と同じ高校に通う生徒。

拓をイジメる不良グループの主犯格。

拓を殴った回数だけお金を置いて行くをいう悪趣味な性格をしている。

国会議員の父を持ち、高校の教師達も頭が上がらない。

茜へ好意を寄せている。

金城茜

拓と同じ高校に通う女子。

小学校も拓と同じということもあり、拓と繋がりを持とうとする。

木戸和哉

無名高等学校へ拓より少し後に転校してきた男。

外見はの青少年。

数学オリンピックチャンピオン、またインターハイボクシング部門金メダリスト。

ボクシングの経験もあることから喧嘩も強く周りの生徒から恐れられている。

拓と同じ寮の部屋で過ごす内に心を許すようになる。

スポンサードリンク




TEN あらすじ

拓と橋本

舞台はとある学校。

主人公の石田拓はいつも学校の不良グループ3人からイジメられている。

不良グループは殴る、蹴る、椅子にさせて座る、ありとあらゆるイジメをして拓をボコボコにする。

それも理由もなく、ただ気分で拓をイジメている。

そんな拓をイジメている不良グループの一人が橋本博貴。

博貴は拓を殴った回数だけ札(1000円)を渡してくる。

拓は何の抵抗もしないが、心の中では奴らのことを「社会のクズ」と蔑んでいる。

病弱な母

そんな拓には病弱な母がいる。

拓は学校終わりや土日はなるべく母の見舞いに行くようにしている。

もちろん両親は拓がイジメられていることなど知らない。

金城とのデート

ある日、ひょんな事がきっかけで同じ小学校だった金城茜とデートをすることになった拓。

そんな茜のことを実は博貴も狙っており、拓と茜がデートしているという情報を仕入れた博貴はデートの邪魔をしてくる。

デートに乱入し拓をからかう博貴。

茜はそんな博貴に対して苛立つが、何の抵抗もしない拓にも腹を立て茜はそのまま帰ってしまう。

拓の怒り

母親が危篤状態になった日にも、急いで早退しようとする拓を博貴は帰らせようとしない。

拓も今日だけは見逃してほしいと懇願するも、「何でお前の言うことを聞いてやんなきゃなんねーんだよ」といつも通りボコボコにイジめてくる。

結局その日に母親は死んでしまい、拓は間に合うことが出来なかった。

悔しさがピークに達した拓は博貴達への反抗を決意し、仲間の一人を道路に突き飛ばす。

しかしそこへ運悪く車が通り、その生徒は車に跳ねられてしまう。

拓の処分

生徒の怪我は軽症であったものの、そのトラブルが原因で拓は強制転校させられてしまうことに・・・

その転校先は生徒全員、少年院レベルの暴力や犯罪を犯した者ばかりが集う無名高校。

しかも、そこでは暴力が正当化されているのだ。

まさに弱肉強食の世界。

拓にとってはさらなる地獄のはじまりでしかなかった。

ここを出る方法は2つ。

1つはこの学校で3年耐え卒業する。

もう1つは試験で上位10名に入る。

果たして拓は無事にこの学校で生き残っていけるのか、、、

⇨1年生編のネタバレはこちら(11〜21話)

⇨2年生編のネタバレはこちら(22〜38話)

TENの感想

全体的な感想

セリフが少ないのでめちゃくちゃ読みやすいです。
初めは拓がイジメに耐え抜いて、やり返すと行った内容なのかと思いきや、暴力学校へ転校させられるあたりから、そんな単純なストーリーじゃないのかも。。と期待が高まってきました。と言うか壮絶な成り上がり漫画ですコレ。
博貴のクソ野郎っぷりも、クソすぎて逆に見ていて清々しいです(笑)
博貴への復讐はまだまだ先になりそうですが、今から楽しみです!!
自分は弱々しいキャラはあんまり好きじゃんですけど、拓は色々可哀そ過ぎるので応援したくなります(笑)
後、木戸和哉がめっちゃカッコイイです。
最強の助っ人キャラなんですけど、セリフもかっこ良かったりします。
11話くらいから出てくるんですけど、完璧木戸メインで見るようになりました。

この作品の特徴

物語のはじめの方の過激なイジメのシーンがこの漫画の全てを物語っていると思います。
ここから拓の逆襲が始まるので、ここに全ての原動力が詰まっています。
また個性豊かなキャラクターもこの漫画の見どころだと思います。
雑魚は雑魚で分かりやすいキャラ設定なので、特徴のあるキャラがその分栄えて見えてきます。

こんな方にオススメ

・キャラがカッコイイ漫画が好きな方。
・背景や設定がシンプルな漫画を好む方。

TENの通信簿

絵柄     ⭐⭐⭐☆☆

演出     ⭐⭐⭐☆☆

ストーリー  ⭐⭐⭐☆☆

キャラクター ⭐⭐⭐⭐☆

世界観    ⭐⭐⭐☆☆

セリフ    ⭐⭐⭐⭐☆

スポンサードリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク