凛子さんはシてみたい 3話ネタバレ

⇨1〜2話のネタバレはこちら

⇨4話のネタバレはこちら

⇨5話のネタバレはこちら

登場キャラ

雨樹凛子

本作の主人公。
27歳にして地位、名誉、スペック全てを兼ね備えているが唯一処女というコンプレックスを持っている。
上坂とか同期でライバルであったが、童貞ということを知り協定を結んだ。

上坂弦

凛子の同期。
イケメンクールな上に成績も優秀で女子社員の人気も高い。
一見非の打ち所がないが童貞という秘密があった。



3話ネタバレ

約束の日

数日経ちついに約束の日を迎えた2人。

ホテルでセックスの前に一つ一つ条件を確認する凛子。

凛子「特殊なプレイは要求しないでね。あと恋人じゃないからキスはなし。あと・・あと
・・」

そんな長い前置きを気だるそうに聞いていた上坂は「まだ覚悟出来てないの?」と尋ねてきた。

もちろん凛子も自分なりに準備はしてきた。

瞑想もしたし、イメトレもしたし、ボディケアもしてきた。

だがいざ本番を目の前にするとどうしても不安になってしまっていた。

童貞とは思えないリード

そんな凛子に上坂は「お喋りはもういいでしょ」と顔を近づける。

そして後ろ首を支えて「今日は逃げるのなし。」と言ったのだった。

顔真っ赤にする凛子。

余りにも男らしすぎる上坂のリードに凛子は『こいつ本当に童貞なの?』とドキドキしてしまう。

それと同時に自分ばかり焦ってしまっている状況に悔しさも感じてしまうのであった。

脱がされた凛子

凛子の服を徐々に脱がしていく上坂。

下着だけになってしまった凛子は自分の体を隠そうとする。

それに対し上坂は「隠さないで。綺麗だから。」と言葉をかける。

触れられる度に意図に反して反応してしまう自分の体・・

そんな感覚に凛子は『まるで身体が自分のものじゃなくなったみたい』と感じてしまうのであった。

優しい言葉をかけてくる上坂

挿入し「大丈夫?痛い?」と尋ねる上坂。

痛いながらも「・・だいじょう・ぶ」と答える凛子に上坂は「無理だったら言って。すぐ辞めるから。」と優しく頭を撫でてきた。

それに対し凛子は『上坂くんってこんな優しい顔するんだ』とトキめいてしまうのであった。

恥ずかしくなる凛子

セックスが終わり『ついに卒業してしまった』と恥ずかしくなる凛子。

それに比べてクールに煙草を吸う上坂を見て腹をたてた凛子は「ちょっと、なんでずっとそんな余裕なの!?上坂くんって本当に童貞?」とツッコミを入れる。

すると上坂は顔を赤くして「余裕あるフリくらいさせろよ」と恥ずかしそうに答えたのだった。

またもギャップに胸をキュンとさせてしまう凛子。

協定の継続

そのあと服を着ながら凛子は『裸見られるのもいつかは慣れるのかな・・』と考える。

だがその『いつか?』とは一体いつなのか?と自分で考え混んでしまう。

『よくよく考えてみたら初めてを捨てることは出来たけどたった一回の経験じゃ初めてとなんら違わなくない?』

そんな事を考えている凛子の表情を見て上坂は「じゃあもうちょっと続ける?」と言ったのだった。

⇨1〜2話のネタバレはこちら

⇨4話のネタバレはこちら

⇨5話のネタバレはこちら




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク